コラム

2020年トランプ再選のシナリオが「政府閉鎖」で見えてきた?

2018年02月03日(土)14時00分
2020年トランプ再選のシナリオが「政府閉鎖」で見えてきた?

トランプにとってグローバルエリートの祭典での登壇は大きな勝利だった Denis Balibouse-REUTERS

<与野党対立により政府機関が3日間閉鎖された騒動で、浮き彫りになったのは民主党内の亀裂の深さだ>

1月22日、与野党がつなぎ予算に関して歩み寄り、米政府機関の一部閉鎖は3日で解消された。トランプ大統領はそのとき、行政が正常化したことや、民主党を譲歩させたと吹聴できること以上に喜ぶ理由があったのかもしれない。それは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説するために、予定どおりスイスのダボスに向かえるようになったことだ。

一昨年の大統領選では「グローバルエリート」を徹底的に批判し、ダボスに集う面々を揶揄したトランプだが、ダボス会議での登壇により大統領選の勝利以上の達成感を味わったとしても意外でない。

トランプが大統領選で有権者の反グローバル感情を読み取れたのは、自らも「インサイダー」たちから不当に排除されてきたという不満を持っていたからだ。エリート層から嘲笑され続けてきたためグローバリゼーションの果実を味わえない人々の気持ちが肌で分かったのだ。

そのトランプがダボスで演説をするのは、究極の自己矛盾にも思える。だが、本人にとっては勝利の瞬間にほかならなかったのだろう。

トランプは26日の演説で、アメリカの明るい未来を強調し、もっとアメリカに投資せよと呼び掛けた。演説の大半は、自ら歴史的とする業績の自賛に費やされた。

しかし、この少し前まで米政府機関が一部閉鎖されていたことを忘れてはならない。その事態を招いたのは、共和党と民主党の党派争い、そしてトランプの政策上の失態と統治能力の欠如だった。今回の政府閉鎖は史上初めて、1つの政党が議会の上下両院とホワイトハウスを制している状況下で発生した。

政府閉鎖が早期に解決したことは、トランプにとって幸いだった。国民の多くは政府閉鎖に批判的で、それを共和党の責任と考えていたからだ。しかも、閉鎖が長期化していれば株式相場への影響は避けられず、トランプは目覚ましい株価上昇を手柄としてアピールできなくなっていただろう。

目先の勝者は民主党だが

政府閉鎖は、政策面では民主党に勝利をもたらした。上下両院で少数派であるにもかかわらず、子供のときに親に連れられてアメリカにやって来た不法移民の扱いに関して、共和党から譲歩を引き出せたからだ。

その半面、政治的には、2020年の次期大統領選挙で民主党が深刻な苦境に追いやられるシナリオが見えてきたのかもしれない。民主党の党内対立は極めて根深く、20年にはトランプがそれに乗じて大統領再選を果たしかねない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

英中銀総裁、「今月の利上げ見送りで投資家が混乱」と

ビジネス

米ウーバー、淡路島で今夏からタクシー配車実験 

ワールド

中国、7月1日から自動車・自動車部品の関税引き下げ

ビジネス

日本株のインハウスのアクティブ運用を2月に開始=ゆ

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得にはいくつもハードルが

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 7

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 9

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!