コラム

2020年トランプ再選のシナリオが「政府閉鎖」で見えてきた?

2018年02月03日(土)14時00分
2020年トランプ再選のシナリオが「政府閉鎖」で見えてきた?

トランプにとってグローバルエリートの祭典での登壇は大きな勝利だった Denis Balibouse-REUTERS

<与野党対立により政府機関が3日間閉鎖された騒動で、浮き彫りになったのは民主党内の亀裂の深さだ>

1月22日、与野党がつなぎ予算に関して歩み寄り、米政府機関の一部閉鎖は3日で解消された。トランプ大統領はそのとき、行政が正常化したことや、民主党を譲歩させたと吹聴できること以上に喜ぶ理由があったのかもしれない。それは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説するために、予定どおりスイスのダボスに向かえるようになったことだ。

一昨年の大統領選では「グローバルエリート」を徹底的に批判し、ダボスに集う面々を揶揄したトランプだが、ダボス会議での登壇により大統領選の勝利以上の達成感を味わったとしても意外でない。

トランプが大統領選で有権者の反グローバル感情を読み取れたのは、自らも「インサイダー」たちから不当に排除されてきたという不満を持っていたからだ。エリート層から嘲笑され続けてきたためグローバリゼーションの果実を味わえない人々の気持ちが肌で分かったのだ。

そのトランプがダボスで演説をするのは、究極の自己矛盾にも思える。だが、本人にとっては勝利の瞬間にほかならなかったのだろう。

トランプは26日の演説で、アメリカの明るい未来を強調し、もっとアメリカに投資せよと呼び掛けた。演説の大半は、自ら歴史的とする業績の自賛に費やされた。

しかし、この少し前まで米政府機関が一部閉鎖されていたことを忘れてはならない。その事態を招いたのは、共和党と民主党の党派争い、そしてトランプの政策上の失態と統治能力の欠如だった。今回の政府閉鎖は史上初めて、1つの政党が議会の上下両院とホワイトハウスを制している状況下で発生した。

政府閉鎖が早期に解決したことは、トランプにとって幸いだった。国民の多くは政府閉鎖に批判的で、それを共和党の責任と考えていたからだ。しかも、閉鎖が長期化していれば株式相場への影響は避けられず、トランプは目覚ましい株価上昇を手柄としてアピールできなくなっていただろう。

目先の勝者は民主党だが

政府閉鎖は、政策面では民主党に勝利をもたらした。上下両院で少数派であるにもかかわらず、子供のときに親に連れられてアメリカにやって来た不法移民の扱いに関して、共和党から譲歩を引き出せたからだ。

その半面、政治的には、2020年の次期大統領選挙で民主党が深刻な苦境に追いやられるシナリオが見えてきたのかもしれない。民主党の党内対立は極めて根深く、20年にはトランプがそれに乗じて大統領再選を果たしかねない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 2

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 3

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

  • 10

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!