コラム

放火事件を起こし火刑に処された少女「お七」と、死者への供養というテーマ

2019年06月06日(木)20時25分
放火事件を起こし火刑に処された少女「お七」と、死者への供養というテーマ

From Michiko Chiyoda @michiko_chiyoda

<海外で高く評価され始めた埼玉在住の千代田路子。大切な人の死を経験し、「弔うとは何か」をテーマに作品を発表している>

写真には2つの大きな特性がある。1つはファインダーという窓を通して自身の外側にある世界を可能な限り客観的に見つめること。もう1つは、同じファインダーを通しながら、あるいはそれを鏡としながら、その世界に自分自身やそのメタファーを投影することだ。

とはいえ、これら2つの写真属性の境界はしばしばあいまいだ。また、後者においても、その醍醐味の1つは、それがパーソナルな(個人的な)ものでありながらも、人間社会の普遍的な何かに発展することだ。

今回紹介する写真家は、本能的に、またある種運命的にそうしたものを追い求めてる女性である。東京生まれ、埼玉在住の千代田路子だ。常に心と体、あるいは自らの精神世界と身体に興味があり、外的世界と内面世界をオーバーラップさせながら作品を作りたい、という。

ビジュアル的にはシンプルで、どこか日本画や禅にも通じるところがある彼女の作品スタイルは、近年海外で高く評価され始めている。作品に影響を与えた1人は、江戸時代の琳派の酒井抱一だか、彼と同じく、その道ではやや風変わりかもしれない。

プロの写真家ではない。美大を卒業し、写真のゼミを取っているが専攻はデザインだ。卒業後、広告代理店でデザイナーとして働き、その後、日本の光学メーカーの宣伝部に転職している。小さい頃に父親からカメラをプレゼントされ、光学メーカーでは仕事柄、日常的に多くの素晴らしい写真作品に接してきたという。

本格的に写真作品を作り出したのは2000年頃からだ。彼女のキャリアを考えれば、決して早くはない。現在も光学メーカーで顧問として勤務している。だが、遅れてきた写真との本格的な関わりが、彼女の才能を見事に開花させたのかもしれない。

なぜなら、千代田の作品の主題はパーソナルなものであり、両親の老い、その死に深く絡んでいるからだ。もちろん、家族に絡む悲しみは誰もが経験する――ベテランの写真家だけでなく、若い写真家も含めて。だがベテランの写真家は、そうした主題を作品にしたとしても、初期の頃のような情熱を忘れがちだったり、必要以上に気負いがちだったりする。若い場合は、さまざまな意味で経験が足りないことが多い。

その点、ビジュアル的には既に優れたキャリアと才能を持ちながらも、本格的に写真作りを行っていなかった千代田は、家族のことが引き金になり、一層写真にのめり込み、かえって才能を開花させることができたのである。

知識欲がすごい。積極的に学ぶことは生きる上で大切なことだという。それを人生のさまざまな出会いの中でさらに昇華させようとする。興味を持った対象に対し、それが今の自分にとってどういう意味があるのか、どういう繋がりがあって巡り会い、興味を持ったのかを探求していきたい、と話す。それは、彼女のある種コンセプチュアルな作品作りにも繋がっていく。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!