コラム

なぜこれほど詩的なのか イランの地方都市の写真が輝きを放つ

2018年03月01日(木)19時03分
なぜこれほど詩的なのか イランの地方都市の写真が輝きを放つ

From Hojjat Hamidi @hojjathamidi 

<イランやコーカサス地方では詩的な写真は珍しくないが、30歳のアゼルバイジャン系イラン人、ホジャット・ハミディの写真は他とは違う>

子供時代に感じた原風景として、あるいは自らのアイデンティティーとして、自分の故郷を撮り続ける写真家は多い。今回取り上げる、アゼルバイジャンとの国境に近いイランの街アルダビルに住むホジャット・ハミディもその1人だ。30歳のアゼルバイジャン系イラン人である。

アルダビルは50万人以上の人口を抱える中都市ながら、コーカサス地方の農村地帯にも似た牧歌的な風景も内包している。タイムスリップしたかのような歴史的な旧市街もある。ハミディはそうした街の日常の中で、素朴さを切り取っているのである。

撮影時の立ち位置、あるいは被写体までの距離感、また光の取り入れ方と構図のつかみ方が巧みだ。それがアルダビルの田園風景をより詩的にしている。

とはいえ、そうした要素だけでは、それほど印象的な写真にならなかったかもしれない。なぜなら、インスタグラムで写真家たちが刺激を与え合うようになった近年、同じように詩的な写真はごく当たり前のように存在するからだ。イランやコーカサスなどでは、とりわけそうである。

そうした中でハミディの写真が輝きを放っているのには、2つの理由があるだろう。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米大統領「北朝鮮で完全な非核化開始」、当局者は確認

ワールド

日本、韓国をWTO提訴 ステンレス関税巡り

ワールド

障壁設ける貿易相手国、一段と苦痛味わう環境必要=米

ビジネス

ドル、11カ月ぶり高値から下落 ポンドは中銀会合受

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 7

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 8

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!