コラム

「スラム化した地方」に生きる人々への賛美を表す5枚の写真

2018年02月02日(金)16時10分
「スラム化した地方」に生きる人々への賛美を表す5枚の写真

From Danny Wilcox Frazier @dannywilcoxfrazier

<しばしば「天才」と称されるベテラン・ドキュメンタリー写真家、ダニー・ウィルコックス・フレイジャー。彼はなぜアメリカの農村部や地方都市を撮り続けるのか>

今回紹介するのは、ダニー・ウィルコックス・フレイジャー。アメリカのベテラン・ドキュメンタリー写真家である。同職の写真家たちがしばしば「天才」と絶賛する数少ない1人だ。

彼の作品の大半は、ごく普通に存在するだろうアメリカの農村風景だ。そうしたイメージの中に、何かに取り憑かれたような感覚を漂よわせている。それも、決してやらせや作りものではない人間ドラマの感覚だ。

おまけに、光や構図、とりわけ被写体と撮影時のカメラとの距離感は、イメージの美しさや力強さが誇張され過ぎる、ぎりぎり一歩手前――最も心地良いと思われるポイント――で抑えられている。

言葉にするのは簡単だが、大半の写真家は、写真が弱くなる可能性を恐れて、無意識にさまざまな要素を誇張してしまう。あるいは引き過ぎて、これまた凡庸になってしまう。そうした罠にはまらず、取り憑かれたような感覚と心地よさとを同居させるのは、簡単にできることではない。

とはいえ、フレイジャーの本当のすごさは、天才性よりもむしろ、運命的な境遇、努力、そして彼自身の強い決意から生まれていた。

すでに触れたように、フレイジャーの作品の核は過疎化が進むアメリカの農村部、あるいは衰退する都市である。そうした作品に固執する理由を問うと、彼はすぐにこう答えた。

「アメリカの農村部は自分のルーツだ」――作品は自分のメタファーになっている、というわけだ。

実際、彼はアイオワ州東部にある当時人口1000人ほどの町、 ル・クレアで生まれ育った。そして80年代、最も多感だったミドルティーン時代に、米中西部を襲った農村危機を経験していたのである。1929年の大恐慌以来とも言われた危機だ。

急速に拡大した市場主義、拡張主義のもとで多くの農家が負債を抱え、破綻していった。失業者たちは生きるために生まれ育った土地を離れて東海岸や西海岸の大都市に向かい、かつて活気があった田園地帯の村や町は急激に過疎化し始めた。アイオワでファミリービジネスを営んでいたフレイジャーの父親も、危機で大きな打撃を受け、それだけが理由でなかったとしても、その後両親は離婚したという。

農村部の崩壊は、ある種のRural Ghetto (田舎のスラム化)を生み出した。教育や医療が実質上存在しなくなってしまったとフレイジャーは語る。心臓発作が起こっても、緊急医療システムが機能しないため、死んでしまうような状況だった。

フレイジャー自身の中にあった「離郷願望」も、運命的に彼の作品に大きな影響を与えた。アートとジャーナリズムを専攻した大学を卒業後(後に大学院でもドキュメンタリー写真・映像フィルムの修士号を取得)、同郷の友人であり、すでに海外で活躍し始めていた写真家デービッド・グッテンフェルダーの勧めもあって、妻と一緒にケニアに移り住む。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

ワールド

独首相、記者死亡の真相解明までサウジ向け武器輸出停

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!