コラム

場所も気候も違うのに、この写真には日本の田舎と共通点がある

2018年01月12日(金)11時50分
場所も気候も違うのに、この写真には日本の田舎と共通点がある

From Natela Grigalashvili @natela_grigalashvili 

<コーカサス地方のジョージアで農村風景を撮るベテラン写真家、ナテラ・グリガラシュヴィリ。どこか懐かしさを感じるが、ロマンチック性だけが理由ではない>

彼女の写真を見ていると、懐かしい日本の風景を思い出す。場所も気候も大きく違うのに、子供の頃、お盆や正月に訪れていた父方母方それぞれの実家の地方の原風景と重なるのである。

それは、たとえ都会育ちの人でも、あるいは牧歌的な心象風景だとしても、ある種誰もが田舎に対して持っている素朴なイメージだ。

今回紹介するのは、そんな山間や農村の風景を、かつてソ連の一部であったコーカサス地方のジョージアでライフワークとして切り取っている写真家である。同国のドキュメンタリー・フォトジャーナリズムの第一人者の1人で、90年代からすでに海外でも名が知られている。現在52歳、ベテランのナテラ・グリガラシュヴィリだ。

白黒、カラーを問わず、おとぎの国の世界のような作品に貫かれているテーマは、ジョージアの田舎で暮らす人々の自然への讃歌である。あるいは、そうした人々と自然との親密な相互関係だ。

意図的にしろ無意識にしろ、我々はそうした自然との相互作用を通して、内面的な安らぎや平和を見出せるとグリガラシュヴィリは言う。同時にそれは、彼女がジョージアの田舎に惹かれ続ける大きな理由にもなっている。写真家であると同時に、コーカサスの素朴な村と自然を愛しているのである。

押し付けがましさや独りよがりな主張は、作品からはまず感じられない。1つには、光と構図がファインダーの中で巧みに操られているためだ。子供時代、グリガラシュヴィリは絵を描き、大きくなってからは映画に没頭し、とりわけドキュメンタリーフィルムに憧れた。ソ連時代に写真技術を習得して最初に得た仕事は、映像技師だった。

だが、押し付けがましさがない本当の理由は、彼女のアイデンティティーにあるのかもしれない。グリガラシュヴィリ自身、ジョージアの小さな村で生まれ育った1人なのである。だからこそ、日常の中の、それでいて極めて魅惑的な瞬間を本能的に分かっているのだろう。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!