コラム

「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけた妙な英語

2019年09月13日(金)16時05分
「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけた妙な英語

anouchka-iStock.

<訪日外国人が必ず利用する電車の駅で、残念ながら英語の間違いが多く見られる。どこが不自然なのか、どう変更すれば誤解を生じずに済むのか、ネイティブチェックします>

私がアメリカの大学で日本語を勉強し始めた時、教科書の第2章に「乗り換え」という言葉が紹介されていました。まだ日本を訪問したことのない、かつ車社会であるアメリカで生きてきた私は、それを見て驚きました。

「そんなに頻繁に使うことのない言葉を、なぜ第2章で紹介しているのだろう?」と不思議に思ったのです。もちろん、その後日本を訪問して日本の電車を実際に使ってみた時に、その真意を汲み取ることはできました。

日本へ来る外国人の中には、大学生の頃の私のように電車を使うことにあまり慣れていない人はいるはずです。また、電車に慣れていても、日本の電車システムは発達しており、かなり複雑なので、混乱してしまう人も多くいるでしょう。そのため、駅の中の看板などを作る際は、注意深く作ることが大切です。

日本の駅や電車には、英語で説明文や駅名が書いてあるものが多く、それが外国人にとってはとても助かります。以前に比べて英語の割合はかなり増え、最近では中国語や韓国語までも表記されるようになり、さらに便利になりました。

そのため、ここで問題のある英語を指摘するのは重箱の隅をつつくような感じになってしまいますが、それでも翻訳をする時に気を付けなければならないことを皆様に知っていただくための良い例になるので、ここで分析したいと思います。

「通過」にマッチする簡潔な英語はないから、説明が必要

●通過 PASSAGE

駅にあるこの電光掲示板は、日本語と英語が交互に表示されており、ここでは日本語は「通過」、英語は「PASSAGE」と書かれていました。しかしながら、passageは「通路」や「通り道」という意味であり、そのためホームの真ん中にある電光掲示板にその言葉があると、見る人は当惑してしまいます。

難しいのは、「通過」にぴったりマッチする簡潔な英語の言葉がないということです。この場合は、一語だけで終わらせることはできないため、もっと多くの言葉で説明しなければなりません。良い翻訳として、私が最初考えた案はTrain does not stop at this station.でした。The train skips this station.も考えられます。

ツイッターユーザー@glooobeさんからCaution - Train Passingという提案がありましたが、それは一番良い選択だと思います。これなら、短いためスペースを取ることもなく、見る人にとってすぐにピンと来る言葉でもある。通過する電車が危険であるということをあまり知らない人に対して、その危険性を示す効果もあります。

グーグル翻訳に「通過」を入れると、passage が出るので、この案内表示を作った人は同じことをした可能性が高いでしょう。グーグル翻訳は便利ですが、間違っている場合も多くありますので、それを使って出てきた言葉を確認せずに使うのは避けたほうがいいでしょう。

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『英語の品格』(共著)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著)など著書多数。最新刊は『マンガでわかる外国人との働き方』(共著)。

キーワード

ニュース速報

ワールド

マイナス金利の可能性、非常に低い=ロウ豪中銀総裁

ワールド

11月スペイン再選挙、第1党の社会労働党は過半数困

ビジネス

仏ルノー、19年売上高見通しを再度下方修正 3─4

ワールド

中国の米農産品購入、市場の状況にも左右される=米N

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!