コラム

セクハラ訴訟を起こしたキャスターが指南する撲滅法/reach out to(連絡する)

2018年04月27日(金)14時35分
セクハラ訴訟を起こしたキャスターが指南する撲滅法/reach out to(連絡する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
How we can end sexual harassment at work
https://www.ted.com/talks/gretchen_carlson_how_we_can_end...

登壇者:グレッチェン・カールソン

2016年、元キャスターのグレッチェン・カールソン氏はFOXニュース前CEOのロジャー・エールズからセクハラを受けたとして訴訟を起こした。その後、他の複数の女性もエールズからセクハラを受けたと打ち明けてスキャンダルとなり、結果、エールズは自分が作った会社から追い出された。

アメリカでこれは大きなニュースとなり、その後カールソン氏は何千人もの女性から連絡を受けたという。彼女に連絡した女性たちは、自分が経験したセクハラに関してカールソン氏に報告したのだった。

現代においてもセクハラがこれほどまでに一般的なのだと痛感した彼女は、自分の声を使って、セクハラ撲滅に対する世の中の意識を高めるために活動していくことを決意した。このTEDトークで彼女は、セクハラに関するよくある「神話」を解説し、職場からセクハラをなくすための対策を提案している。

いま世間が注目するこの問題を深く理解し、女性も働きやすい職場にしたいと考える人にとっては、これはぜひ見ておきたいTEDトークである。

キーフレーズ解説

reach out to
連絡する
(動画2:25より)

reachは動詞として使われ、手がすぐ届くところにないものを得ようとして手を伸ばす様子を示します。reach out to という表現になると、ある個人やグループに連絡しようとすることを意味します。

普通は、相手を手伝うか、相手に何かの活動に参加してもらうか、あるいは相手に手伝ってもらう目的で連絡するときに使われます。ふだん連絡を取っていない人に対してこれらの目的のために連絡するというニュアンスがあり、このTEDトークでは、カールソン氏に連絡をした女性に関するところで、彼女たちがreach outしたという表現が利用されています。

しかしながら、特にビジネスの場合、単に「連絡する」という意味で使われることも多い表現です。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The newly-elected mayor is reaching out to the citizens to involve them in her plans for the city.
(市のための計画に参加してもらうため、新しく当選した市長は市民に手を差し伸べています)

●She reached out to her friends when she was having a crisis.
(危機に陥った際に、彼女は友達に連絡を取りました)

●I'll ask my secretary to reach out to you to schedule a meeting.
(打ち合わせをスケジューリングするため、私の秘書のほうから連絡させます)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

焦点:トルコ・タントラムか、市場は通貨危機の伝染を

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

  • 4

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!