コラム

「私たちは銃社会を変える転換点にいる」/scrappy(根性のある)

2018年02月23日(金)16時45分
「私たちは銃社会を変える転換点にいる」/scrappy(根性のある)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Why gun violence can't be our new normal
https://www.ted.com/talks/dan_gross_why_gun_violence_can_t_be_our...

登壇者:ダン・グロス

近頃、驚くほど頻繁にアメリカから悲しいニュースが舞い込んでくると感じる――多くの命が犠牲になった銃乱射事件だ。

しかしその他にも、あまりニュースになっていないだけで、毎日何人もが銃によって殺されている。2018年に入って2カ月足らずで、既に2121人が銃による暴力で亡くなった。

銃を持つ権利は合衆国憲法修正第2条によって守られているため、アメリカには銃の文化が根付いている。また、全米ライフル協会(NRA)が政治家に多額の寄付をして銃規制反対を働きかけているので、アメリカの銃規制に関する問題はなかなか解決への糸口が見えないのが現状だ。

このTEDトークでは、銃規制を推進する団体のトップを務めているダン・グロス氏が登壇する。彼は銃によって命を失いかけた彼自身の弟やその他の銃暴力の犠牲者に言及しながら、銃が規制されていないアメリカの現状をなぜ変えていかなければならないのか、感情を込めて熱弁する。

グロス氏によれば、アメリカ社会は現在、銃規制に乗り出すかもしれない大きな転換点を迎えているという。多くのアメリカ人が銃による暴力にうんざりしてきているからだ。このTEDトークは2年前のもので、残念ながらいまだ銃に関する状況は変わっていないのだが、銃乱射事件が起きるたびに、グロス氏が予測したような銃反対の波は強まってきている。

アメリカの「銃社会」としての側面は日本人にとって理解しづらいかもしれないが、このTEDトークは銃問題を知る良いきっかけになるし、変革を起こす方法に関しても良い参考になると思われる。

キーフレーズ解説

scrappy
根性のある
(動画10:05より)

scrapは動詞で用いると「けんかする」という意味。それを形容詞scrappy にすると「けんか好き」や「けんか腰の」という意味を持ちます。

しかしscrappyは、勝ち目のない状況でも必死に頑張る姿勢も指します。例えば、相手より体が小さくても一生懸命相手に対してぶつかっていこうとするとき、お金がないぶん努力しようとするときなどに使われる言葉です。

つまりscrappyであるというのは、根性があって、向こう意気が強いと言えます。このTEDトークでグロス氏は、彼の組織は銃規制反対を支持する組織と比べてscrappierであると言っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Silicon Valley is full of scrappy startups taking on the big companies.
(シリコンバレーには、大きな会社を狙う根性のあるベンチャー企業が多数集まっています)

●That scrappy little guy just beat up someone twice his size.
(小さいが度胸あるあの男は自分より体が倍大きい者を殴り倒した)

●What the team lacked in funds it made up with scrappiness.
(あのチームはお金が不足していたぶん、根性で補った)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!