コラム

前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

2021年01月07日(木)14時00分
前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

6日の集会で大統領選の結果を認めないと支持者を煽ったトランプ Jim Bourg-REUTERS

<支持者の暴挙を数時間にわたって放置したトランプには、大統領職務を停止するべきという批判まで出ている>

今週6日水曜、米大統領選挙の結果を最終的に上下両院が確認する手続きが進められていた途中で、議会議事堂にトランプ派のデモ隊が乱入し、現時点では1人が死亡するという前代未聞の不祥事が発生しました(その後の報道では計4人の死亡を確認)。全国から集まってワシントンDCのホテルなどに陣取っていたデモ隊は、前日から不穏な動きを見せていたようですが、メディアの関心はジョージア州の上院議員選決戦投票に向けられていたため、「ノーマーク」の中での事件となりました。

トランプはあくまで選挙結果を認めず、これに扇動されたデモ隊がガラス窓を叩き割って議事堂内に押し入り、議事進行を妨害したのです。これを受けて、1月20日のバイデン次期大統領の就任式が安全に実施できるかが懸念されています。就任式は行われるでしょうが、厳戒態勢となるのは避けられないでしょう。また、仮にトランプが平和的にホワイトハウスから退去しない事態となれば、これも歴史に残る不祥事となるでしょう。

それ以前の問題として、この日の事件により当面、1月20日までのアメリカにおける「権力の空白」が現実のものとなりました。

まず、議会占拠が発生してから数時間にわたってトランプ大統領は何もせず、ホワイトハウスでテレビを見ていたと報じられています。議会が占拠され、上下両院議員は全員がシェルターに緊急避難し、デモ隊が議事堂の周囲を囲むという危機的な状態に対して、何もしなかったのです。

扇動を続けたトランプ

当面は議会警察が対応しつつ、ワシントン市警察(MPDC)が急派されてデモ隊を牽制していましたが、大統領が指示をしないのでFBI(連邦捜査局)やATF(アルコール・タバコ・火器・爆発物取締局)などの連邦レベルの危機管理組織は動きが取れずにいました。それ以前の問題として、デモ隊に対して暴挙を止めよというメッセージすら出していなかったのです。

沈黙を守るトランプに対して、バイデン次期大統領は午後4時に全国中継のテレビで演説を行い、「これは民主主義への挑戦」だとしてデモ隊を激しく非難、同時にトランプに対して「今すぐ、テレビの前に出てきてデモ隊に解散を命じよ」と数度にわたって強く要求をしたのでした。

さすがに沈黙を続けるわけには行かなくなったトランプは、ホワイトハウスの前庭で録画したと思われる動画をツイッターにアップしました。その内容は、デモ隊に対して依然として「この選挙は盗まれた」という虚偽の扇動を続けていたのです。

さらに暴挙の後であるにもかかわらず、デモ隊に向けて「アイ・ラブ・ユー」などと行動を支持するかのような発言を行い、その上で流血を避けるために「静かに帰宅を」促すという中途半端なものでした。つまり現職の大統領が、連邦議会の議事進行を暴力によって妨害したデモ隊に対して、「理解を示した」という前代未聞の状況が生まれたのです。

こうした状況に対しては、ジョージアの2議席を民主党が取った今こそ、トランプを弾劾すべきという声がありますが、任期が残り2週間を切った現状では、弾劾して罷免する手続きは間に合いそうもありません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

ビジネス

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール

ワールド

世界のコロナ死者200万人突破、増加ペース加速

ビジネス

英コロナ変異種、3月までに米国で主流に 10州で確

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!