コラム

最後のテレビ討論はトランプの「やや勝ち」 バイデン優位の大勢は変わらず選挙戦は最終盤へ

2020年10月23日(金)16時30分
最後のテレビ討論はトランプの「やや勝ち」 バイデン優位の大勢は変わらず選挙戦は最終盤へ

選挙戦最終盤への影響は限定的と見られる(サンディエゴの飲食店のモニターに映し出された討論会の様子) Mike Blake-REUTERS

<前回から一転、「お行儀が良かった」トランプに対してバイデンは少々失点した感が......>

現地時間の10月22日木曜夜、テネシー州ナッシュビルで大統領選テレビ討論が行われました。この討論会ですが、その第1回の討論が「史上最悪」と言われたことを受けて、今回も混乱するのではないかと危ぶまれていました。そこで、今回は「それぞれの発言の最初の2分間」は「相手側のマイクをミュートにする」という措置が取られることになりました。この措置が討論にどういった影響を与えるのかも注目されていました。

結果的には、予想外の結果になりました。とにかく「カオス」と言われた第1回と比較すると、今回は「一応は討論になっていた」からです。マイクを「ミュート」にしたことが効果的なだけでなく、両候補、特にトランプ側がちゃんと取り決めを守ったことが大きいと思います。司会のクリスティン・ウォーカー記者(NBC)のさばき方も見事でした。

これは、多くの政治アナリストにとってはサプライズだったようです。世論調査では大きく劣勢だと言われているトランプ大統領は、下品なまでに独自色を出して討論を引っ掻き回すとか、特にバイデン候補の次男、ハンター・バイデン氏に関する疑惑などを展開して「思い切り話題性を演出する」作戦に出ると思われていたからです。

トランプ大統領は、別に気力が衰えていたわけではなく、途中からは「移民の子供を入れる非人道的な檻はオバマ政権が作った」などという、ある種のフェイクニュースを何度も展開して強調していました。また、自分はコロナに免疫があるとか、(第3波が懸念される中でも)経済をどんどん再開しろなどと、いつものトランプ節を繰り出していました。

ですが、おそらくはブレーンの進言に従って、模擬討論もしてきたようで、とにかく予想に反してトランプにしては「自制気味」でした。一方で、バイデン候補の方も善戦はしていましたが、少し失点した感じがありました。

相変わらずのトランプ放言も

以下、直後の感想を箇条書き的に記しておきます。

(1)トランプは、発言妨害はほとんどしなかったし、暴言の一歩手前で止めたことが多かったことで、「期待値が低い」こともあってポイントを稼いだ格好。

(2)一方のバイデンは、9月29日の「カオス討論」でも、打ち負けなかったし、10月15日にABCが放映した「対話集会」では、深みのあるトークが民主党支持者に好評だったため、「期待値が上がって」いた。そんな中では、今回はやや失点が目立った。

(3)トランプの放言の中には、「俺は北朝鮮と仲良しだから爆弾飛んでこない」とか「自分にはコロナの一生免疫があるかも」「息子も陽性になったがすぐ治った。子どもはかからないから学校はすぐ開けろ」など、いつもながらの「一線を越えた」内容もあった。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

ジーユー、来年から最大3割値下げ 半数以上が250

ビジネス

クレディ・スイス、英ロイズCEOを次期会長に指名

ビジネス

税制改正で生産性支援、繰越欠損拡大や財政基金で脱炭

ビジネス

雇用情勢厳しく、一層注意する必要=コロナの影響で官

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!