コラム

トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先の借金問題?

2020年09月29日(火)16時00分

まず、トランプのコア支持者の場合は、このスキャンダルで支持を止めるということはまずないでしょう。「権力と戦うトランプ、国税とも戦っている」とか「ニューヨーク・タイムズが書き立てた最悪のフェイクニュース」だという理解こそすれ、「税金を払っていないのでガッカリ」という反応はないと思います。むしろ「さすがトランプ、やることのスケールが違う」的な感じかもしれません。

問題は共和党の穏健層、そして無党派でアンチ民主党とかアンチ・バイデンといった票がどう反応するかということですが、こちらも限定的と思われます。「トランプなら、そのぐらいはやりかねない」というイメージは、かなり広範に浸透しており、この程度であればサプライズにはならないからです。

仮に、トランプにとってダメージになるとしたら、今回のスクープの中の脱税疑惑ではなく、このトランプ家の運営しているトランプ・オーガニゼーションという企業、つまりホテルやリゾート事業を展開する多国籍企業が、債務超過だという問題です。そして、トランプ自身が数億ドルの個人保証をしているローンが、ドンドン返済期限を迎えており、このままでは個人も法人も倒れるしかないという指摘です。

また、その借金については、アメリカの金融機関が全く相手にしない中で、ドイツ銀行が相当な額を貸しており、恐らくは個人保証では足りないので、外国勢力(記事ではハッキリ指摘していませんが、恐らくはロシア、サウジなど)に保証をしてもらっているという問題があります。つまり金を借りているために、外国勢力の言いなりになっている可能性が考えられます。

仮にこちらの疑惑が具体化してくれば、基本的には国家への裏切りになり、広範な層からの支持を得ることはできなくなるかもしれません。こうした疑惑が29日夜に予定されている第1回のテレビ討論会でどこまで掘り下げられるかは、1つの注目点です。

<関連記事:運命の大統領選、投票後のアメリカを待つカオス──両陣営の勝利宣言で全米は大混乱に
<関連記事:米最高裁ギンズバーグ判事の後任人事をトランプが急ぐ理由

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリン

ワールド

英、12月初めに再ロックダウン終了 地域ごとの制限

ビジネス

米年末商戦、最大5.2%増加見通し コロナ禍でも購

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!