コラム

オスカー受賞式で飛び出した、映画制作上の公正さ「包摂条項」とは何か?

2018年03月08日(木)15時47分
オスカー受賞式で飛び出した、映画制作上の公正さ「包摂条項」とは何か?

主演女優賞のマクドーマンドの受賞スピーチはパワフルだった Lucas Jackson-REUTERS

<主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドは受賞スピーチで、女性やマイノリティが制作プロセスに「公正に」参加できるよう求めた>

1月のゴールデングローブ賞授賞式が「#MeToo」と「#timesup」というメッセージで貫かれ、女性だけでなく男性参加者もほぼ全員が黒い衣装で参加したのは記憶に新しいところです。特に、女優でテレビ司会者のオプラ・ウィンフリーの演説は、会場を総立ちにして「彼女を2020年の大統領候補に」という待望論を巻き起こすことにもなりました。

これと比較すると、3月4日のアカデミー賞授賞式は、全体として政治色を抑制していたのは事実だと思います。例えば、司会のジミー・キンメルという人は、トランプ大統領が就任以来ずっと自分の番組「深夜のトークショー」で大統領への批判を続けてきた人ですが、今回はほとんど封印していました。また今回は、参加者の衣装も黒一色ではありませんでした。

ですが、女性の権利をアピールするために特別に設けられたコーナーでは、女優のアシュレイ・ジャッドなどがあらためて「#MeToo」と「#timesup」の精神を訴えていましたし、受賞者の間では、メッセージ性のあるスピーチが目立っていたように思います。

その中でも話題になっているのは「スリー・ビルボード(原題は "Three Billboards Outside Ebbing, Missouri")」で主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドです。彼女は、スピーチの途中で受け取った「オスカー像のトロフィー」を床に置き、会場の女性たちに立ち上がるよう呼びかけたのでした。

その上で、「私たち(女性たち)には表現したい物語があって、そのために、制作資金が必要なんです。その点について、今晩のパーティーでその話をするのでなく、別の日に私たちをオフィスに呼んで下さい。あるいは、私たちのオフィスに来てください。」というメッセージを口にしたのです。

要するに、自分たち女性には、役者であろうと、監督、脚本家、撮影監督、美術、メイク、エディター、音響技師、デザイナー......それぞれが「(セクハラが暴露されたワインスタインのような)男性プロデューサーの企画の道具ではなく」、自分たちの企画を実現するだけの権利が与えられるべきだということを訴えたのでした。

その上で、「今夜、この席で最後に申し上げたいのは2語(ツー・ワーズ)」だとして、「inclusion rider(包摂条項)」 という言葉を残したのでした。この「包摂条項」というのは、聞き慣れない言葉ですが、正確に説明するのであれば、撮影などの仕事の環境においての「包摂(inclusion)」つまり多様な人々の公正な参加を求めるという、「条項(rider)」の追加を要求し、その権利を確保しようというものと言えます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

英FTのCEO、約3.67億円の報酬を一部返納 記

ビジネス

7月の中国への海外直接投資、前年比+14.9%=上

ビジネス

日銀の政策修正は小手先、早期に総括検証第2弾で副作

ビジネス

中国当局、インフラ投資計画の承認加速 7月は前月の

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 10

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!