コラム

ダボス会議でも一般教書でも、トランプが真面目モードだったのはなぜ?

2018年02月01日(木)11時40分
ダボス会議でも一般教書でも、トランプが真面目モードだったのはなぜ?

お馴染の暴言モードは今回の一般教書演説では封印 Win McNamee-REUTERS

<大統領選以来、真面目モードと暴言モードを行ったり来たりしてきたトランプ。しかし注目のダボス会議でも一般教書演説でもマジメ一辺倒だった>

就任前の選挙戦の時代からそうですが、ドナルド・トランプという人の演説や態度というのは、「真面目」モードと「暴言モード」を行ったり来たりするのが特徴でした。

一番ダイナミックだったのは、2016年11月の選挙で劇的な勝利を収めたときで、未明に当確が流れる中での「勝利演説」では、それまでの暴言モードを封印して、「社会の和解」を訴えたのでした。これには世界中がビックリして、「トランプ当選」でパニック売りの出ていた東京市場を横目に、演説を好感した欧州市場は一気に株高になり、そのトレンドがNYに引き継がれて現在に至る「トランプ株高」になっています。

ところが、それから2カ月後の2017年1月の就任式では、全世界にテレビ中継される最高の舞台であるにも関わらず「オンリー・アメリカ・ファースト」という、「おどろおどろしい暴言モード」演説を公式の晴れの舞台で行って、世界を呆れさせました。

その後も、真面目なスピーチをしたかと思うと、その舌の根も乾かないうちに暴言ツイートを連発したり、とにかく「真面目」と「暴言」を行ったり来たりするというのが、この大統領のスタイルになっていました。

一つの見方としては、真面目モードは経済界とか国際社会、あるいは伝統的な共和党支持者向けで、暴言モードは「コア支持者向け」であり、両者をスイッチすることで、両方の支持を抱えようとしている、そう見ることができます。

その一方で、この大統領は気分のおもむくままに発言するのがスタイルなので、性格の違う支持グループを抱え込むために、モードを変えるなどという「器用なこと」はできないし、していないという説もあります。

他の見方としては、ケリー首席補佐官がしっかり見張っていて、スピーチライターが固めた「原稿通りにやって下さい」とクギを刺した場合は「真面目モード」になるが、ケリー氏の目を離れたところで、ヒックス広報部長などと衝動的にツイート発信を行うときには「暴言モード」になるという説もあります。

この点については、衝動的なツイートだけは「禁止できない」と、大統領としてはケリー氏を含む歴代の首席補佐官に認めさせていることもあるようです。

そんなわけで、真面目の次は暴言ということで、「交互にやる」とか「真面目だけだと我慢ができずに暴言が飛び出す」というのが、確立されたパターンだったわけです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

ワールド

独首相、記者死亡の真相解明までサウジ向け武器輸出停

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!