コラム

ダボス会議でも一般教書でも、トランプが真面目モードだったのはなぜ?

2018年02月01日(木)11時40分
ダボス会議でも一般教書でも、トランプが真面目モードだったのはなぜ?

お馴染の暴言モードは今回の一般教書演説では封印 Win McNamee-REUTERS

<大統領選以来、真面目モードと暴言モードを行ったり来たりしてきたトランプ。しかし注目のダボス会議でも一般教書演説でもマジメ一辺倒だった>

就任前の選挙戦の時代からそうですが、ドナルド・トランプという人の演説や態度というのは、「真面目」モードと「暴言モード」を行ったり来たりするのが特徴でした。

一番ダイナミックだったのは、2016年11月の選挙で劇的な勝利を収めたときで、未明に当確が流れる中での「勝利演説」では、それまでの暴言モードを封印して、「社会の和解」を訴えたのでした。これには世界中がビックリして、「トランプ当選」でパニック売りの出ていた東京市場を横目に、演説を好感した欧州市場は一気に株高になり、そのトレンドがNYに引き継がれて現在に至る「トランプ株高」になっています。

ところが、それから2カ月後の2017年1月の就任式では、全世界にテレビ中継される最高の舞台であるにも関わらず「オンリー・アメリカ・ファースト」という、「おどろおどろしい暴言モード」演説を公式の晴れの舞台で行って、世界を呆れさせました。

その後も、真面目なスピーチをしたかと思うと、その舌の根も乾かないうちに暴言ツイートを連発したり、とにかく「真面目」と「暴言」を行ったり来たりするというのが、この大統領のスタイルになっていました。

一つの見方としては、真面目モードは経済界とか国際社会、あるいは伝統的な共和党支持者向けで、暴言モードは「コア支持者向け」であり、両者をスイッチすることで、両方の支持を抱えようとしている、そう見ることができます。

その一方で、この大統領は気分のおもむくままに発言するのがスタイルなので、性格の違う支持グループを抱え込むために、モードを変えるなどという「器用なこと」はできないし、していないという説もあります。

他の見方としては、ケリー首席補佐官がしっかり見張っていて、スピーチライターが固めた「原稿通りにやって下さい」とクギを刺した場合は「真面目モード」になるが、ケリー氏の目を離れたところで、ヒックス広報部長などと衝動的にツイート発信を行うときには「暴言モード」になるという説もあります。

この点については、衝動的なツイートだけは「禁止できない」と、大統領としてはケリー氏を含む歴代の首席補佐官に認めさせていることもあるようです。

そんなわけで、真面目の次は暴言ということで、「交互にやる」とか「真面目だけだと我慢ができずに暴言が飛び出す」というのが、確立されたパターンだったわけです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

英中銀総裁、「今月の利上げ見送りで投資家が混乱」と

ビジネス

米ウーバー、淡路島で今夏からタクシー配車実験 

ワールド

中国、7月1日から自動車・自動車部品の関税引き下げ

ビジネス

日本株のインハウスのアクティブ運用を2月に開始=ゆ

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得にはいくつもハードルが

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 7

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 9

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!