コラム

訪日外国人4000万人へのハードルとは

2018年02月08日(木)17時00分
訪日外国人4000万人へのハードルとは

東京の地下鉄網は外国人観光客にはまるで迷路 prachanart-iStock.

<英語の案内、外国人向けの食事、交通機関の煩雑さ......外国人旅行客4000万人達成の日本政府の目標には越えなければならないハードルがいくつもある>

最新の統計によれば、2017年の訪日外国人の人数は2869万人に達しました。ここ数年、毎年400万人のペースで伸びており、このままで行けば東京オリンピックの開催される2020年には4000万人の大台に乗せるという政府の計画も、現実味を帯びてきました。

ですが、ここから先はそう簡単には行かないと思います。今年18年はおそらく「年間3000万」という状況になるでしょうが、ここから先も順調に伸ばして行くには、様々な壁を乗り越えていかなければならないと思います。現状の勢いを見て楽観しているだけではダメでしょう。

1つは、社会全体でもう一段、英語が通用するように工夫をすることです。もちろん、一気に幅広くというのは難しいですが、少なくとも国際線の機内アナウンスであるとか、空港や駅などの案内放送などは、「分かりやすく、しっかり伝わる」英語で行うようにするべきです。

特に改善を要望したいのは、航空会社の対応です。機内にしても、空港地上職員にしても英語のアナウンスはひどすぎると思います。「英語で誠実に語る気持ちが入っていない」という悪印象になるだけでなく、事故やテロなどの非常事態を想定した場合のコミュニケーション不全をおそれて、英語圏の乗客からエアラインとして忌避される危険もあります。

2つ目は、食の問題です。日本食はクールジャパンだから、訪日外国人4000万という時代になっても「このまま」で良いというのは思い上がりだと思います。私の周囲でも、日本の文化や自然に憧れて旅行に行ったものの、食べられるものがなくて困ったという話はよく聞きます。

具体的には、「ハラル」「コーシャ」「ベジタリアン」「スパイシー」といった食生活の多様性に対応した表示を増やすこと、「日本旅館の懐石料理一辺倒の押し付け」をやめることなどが考えられます。反対にこれだけ訪日外国人というのが大きなマーケットになっているのですから、積極的に外国人に分かりやすいメニューを展開するような店がドンドン出てきても良い時期だと思います。

3つ目は、交通機関の問題です。特に東京を中心とした首都圏の鉄道網は、外国人には大変にハードルが高いままです。駅に番号を振るというような工夫は当たり前ですが、それ以前に乗り換え案内のアナウンスや路線図表示がいつまでたっても改善しません。

各駅ごとにバカ正直に「路線名を羅列して乗り換え案内」のアナウンスを日本語と英語でやるのではなく、もっとメリハリをつけて「〇〇空港にはこの駅で乗り換え」だとか、「快速は対面乗り換え」だとか初心者に分かるような、そして安心させるような重要情報をアナウンスして欲しいと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

加トロントで車が歩道を暴走、9人死亡・16人負傷 

ワールド

新たな日米通商枠組み、協議開始は6月中旬以降に=茂

ワールド

ブッシュ元米大統領、血液感染症で入院 回復へ

ワールド

今後数年のIOローン期限切れ、家計への影響軽微=豪

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    ホルマリンを点滴された女性、死ぬ──遺体の防腐処理…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 7

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!