プレスリリース

デジタル貸付プラットフォーム市場は、2027年まで16.7%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています

2021年01月13日(水)18時34分
Report Ocean
Reportocean.comは、新しいレポート「デジタル貸付プラットフォームの市場調査レポート」を追加しました。 成長ドライバー、市場機会、課題、競争力のある風景、デジタル貸付プラットフォーム業界の脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てています。


世界のデジタル貸付プラットフォームの市場規模は2019年に55.8億ドルと評価され、2027年までに203.1億ドルに達すると予測されており、2020年から2027年にかけて16.7%のCAGRで成長します。



レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1387

市場概況:


デジタル貸付とは、さまざまな銀行や金融機関が採用しているオンラインプラットフォームを使用して、業界の業種への貸付を開始および更新し、貸付処理時間を短縮し、顧客サービスを強化することを指します。さらに、さまざまな金融機関がデジタル貸付プラットフォームを採用しています。このプラットフォームは従業員の生産性を向上させるためです。より多くのローンを閉じます。より安く、より速く、自動化されたサービスでローンあたりの収益を増やします。

さらに、貸し手がソフトウェアを介して借り手に直接融資を提供できるようにし、資金の申請と受け取りの複雑なプロセスに関連する負担を軽減します。これは、特に世界市場の成長に貢献します。さらに、デジタル貸付プラットフォームは、生産性を向上させ、より多くのローン取引を成立させ、迅速かつ自動化された方法でローンあたりの収益を増やすために、貸し手の間で広く採用されています。

市場の推進要因と抑制要因:

世界のデジタル貸付市場の成長は、金融機関間のデジタル化イニシアチブの継続的な増加と、インドや中国などの発展途上国におけるデジタル貸付に対する政府のイニシアチブの増加によって推進されています。ただし、セキュリティとコンプライアンスの懸念の高まりは、市場の成長を妨げると予想されます。それどころか、デジタル貸付プラットフォームへのAIの統合やクラウドベースのプラットフォームの普及の急増などの技術の進歩は、予測期間中に市場を拡大するための報酬の機会を提供すると予想されます。

市場セグメントの範囲:

世界のデジタル貸付プラットフォーム市場は、コンポーネント、展開モデル、タイプ、業界の垂直、および地域に分割されます。コンポーネントに応じて、市場はソリューションとサービスに分かれています。展開モデルに基づいて、オンプレミスとクラウドベースに分けられます。

タイプごとに、意思決定の自動化、収集と回収、ローン処理、リスクとコンプライアンスの管理などに細分化されています。業界別では、銀行、保険会社、信用組合、貯蓄貸付組合、ピアツーピア貸付などに分類されます。地域ごとに、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびLAMEA全体で分析されます。

競合分析:

レポートは、ブラックナイト、エリーMAE、フィナストラ、FISグローバル、フィサーブ、インテリクトデザインアリーナ、ニュークリアスソフトウェア、タバントテクノロジーズ、テメノス、ウィプロなど、市場で活動している主要企業のプロファイルを分析します。これらのプレーヤーは、市場への浸透を高め、業界での地位を強化するためにさまざまな戦略を採用しています。これらのプレーヤーは、市場への浸透を高め、業界での地位を強化するためにさまざまな戦略を採用しています。

詳細については、sales@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

利害関係者にとっての主な利点


この調査は、差し迫った投資ポケットを解明するために、現在の傾向と将来の推定とともに、世界のデジタル貸付プラットフォーム市場予測の詳細な分析を提供します。
主要な推進要因、制約、機会、およびグローバルなデジタル貸付プラットフォームの市場動向に対するそれらの影響分析に関する情報がレポートに記載されています。
ポーターの5つの力の分析は、業界で活動しているバイヤーとサプライヤーの効力を示しています。
2020年から2027年までのデジタル貸付プラットフォームの市場シェアの定量分析は、市場の可能性を決定するために提供されています。


デジタル貸付プラットフォーム市場の主要セグメント

コンポーネント別



ソフトウェア
サービス


展開モデル別


敷地内に



タイプ別


ローンの組成
意思決定の自動化
コレクションとリカバリ
リスクとコンプライアンスの管理
その他


業種別


銀行
保険会社
信用組合(信用金庫
貯蓄貸付組合
ピアツーピア貸付
その他


地域別


北米
米国
カナダ
ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
ロシア
その他のヨーロッパ
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
東南アジア
その他のアジア太平洋
LAMEA
ラテンアメリカ
中東
アフリカ


主要な市場プレーヤー


黒騎士
エリーメイ
フィナストラ
FISグローバル
Fiserv
インテリクトデザインアリーナ
ニュークリアスソフトウェア
タバントテクノロジーズ
テメノス
ウィプロ


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1387

私たちに関しては:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

英コロナ変異種、3月までに米国で主流に 10州で確

ビジネス

Wファーゴ、第4四半期やや増益 信用コスト安定化で

ワールド

仏死亡率が20年に9%上昇、新型コロナで 英伊は抑

ビジネス

20年米年末商戦、小売売上高は8.3%増 政府の現

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!