プレスリリース

「ジャンプチ ヒーローズ」、大型イベント「ジャンプチ大特集祭 ハイキュー!!編」をスタート!

2020年11月30日(月)18時00分
LINE株式会社
『ハイキュー!!』で人気のキャラたちが続々登場!


LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、ワンダープラネット株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長CEO:常川 友樹)との共同事業となるスマートフォン向けゲームアプリ「ジャンプチ ヒーローズ」にて、「ジャンプチ大特集祭 ハイキュー!!編」を開催したことをお知らせいたします。


「ジャンプチ ヒーローズ」は、本日より『ハイキュー!!』を特集した「ジャンプチ大特集祭 ハイキュー!!編」を開催いたします。『ハイキュー!!』は高校バレーボールを題材にしたスポーツ漫画です。『週刊少年ジャンプ』で2012年に連載を開始して以来、アニメ化や舞台化など様々なメディアミックスで人気を博し、2020年7月に連載終了した現在も高い人気を誇っています。そんな『ハイキュー!!』の世界が「ジャンプチ ヒーローズ」についに降臨。

本イベントでは、「孤爪研磨」「黒尾鉄朗」「西谷夕」「日向翔陽&影山飛雄」が新キャラとして登場するだけでなく、「山口忠」「天童覚」「菅原孝支」「木兎光太郎」を入手可能なイベントなども開催いたします。ぜひ「ジャンプチ ヒーローズ」で『ハイキュー!!』の世界を堪能してください。
※各種イベント詳細はゲーム内のお知らせをご確認ください。

【イベント開催期間】2020年11月30日(月)15:00~12月14日(月)14:59まで

-----------------------------------------------
「ジャンプチ ヒーローズ」概要
-----------------------------------------------
『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念の集大成!歴代キャラクター達と共にジャンプチアイランドを救え!
『週刊少年ジャンプ』の歴代キャラクターたちが勢ぞろい!「ジャンプチ ヒーローズ」は、『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年を記念した友情・努力・勝利!体感プチプチRPGです。ワンタップだけの簡単操作で、原作の名場面を再現したキャラクターアニメーションとバトル演出により、プレイヤーをワクワクさせるド派手なバトルをお楽しみいただけます。

タイトル名:ジャンプチ ヒーローズ
対応端末:iPhone/Android
ジャンル:友情・努力・勝利!体感プチプチRPG
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2018年3月28日
価格:無料(アイテム課金)
開発・運営:ワンダープラネット株式会社
配信:LINE株式会社
著作権表記:(C)JUMP 50th Anniversary (C)LINE Corporation (C)WonderPlanet Inc.
公式サイト: https://jumputi.game.line.me/
Twitter: https://twitter.com/Jumputi_Heroes
Facebook:https://www.facebook.com/Jumputi.Heroes/

▼App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1183268040
▼Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.LGYDS

※Android、Google Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
※iPhone、iTunesおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!