プレスリリース

“販売開始5ヵ月で6万5千食”突破!シンガポールで大人気キャットフード「NAMAゼリー仕立て」を美味しく食べて、猫の健康管理

2020年11月21日(土)10時00分
25Holdings
~喉の渇きに敏感でないネコちゃんの水分補給におすすめ~

25Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、日本支社:神奈川県鎌倉市、日本支社代表取締役:藤田英輝、以下25Holdings)が運営するシンガポールでシェアNo.1のオンラインペットグッズショップ「perromart(ペロマート)」で取り扱う「NAMA ゼリー仕立て(猫缶)」が、シンガポールにて“販売開始5ヵ月で6万5千食”を売り上げました。



NAMAゼリー仕立て売り上げ実績

チキンベースとマグロベースを基に、趣向性が高い猫の為に10種類の味が揃い、猫の健康を考えたキャットフード「NAMAゼリー仕立て」がシンガポール内にて“販売開始5ヵ月で6万5千食”を売り上げました。
また、NAMAゼリー仕立てにお寄せいただいた400件以上のレビューのうち、90.5%が★5以上のご評価を頂いております。「NAMAで幸せに健康に!」「10種類の味があり、オメガ3脂肪酸など健康に良い成分を多く含み、グレインフリーなので、私たちが大好きなものばかりです!」など嬉しいお声も。
「まぐろ・サーモン」「チキン・サーモン」「チキン」を筆頭にシンガポールの猫ちゃんに大人気のキャットフードとなり、日本でも2020年9月に発売。国内のレビューでも「たっぷりのお肉が入っていて感動しました。」「お皿の中味を一度に全部食べてしまうことが少ない子なのですが、全部ペロッと食べてしまいました。」など、ご好評頂いております。
販売開始5ヵ月で6万5千食”突破!シンガポールで大人気キャットフード「NAMAゼリー仕立て」



NAMAゼリー仕立てについて

人工防腐剤不使用で全年齢対象のグレインフリーの猫用ウェットフードです。猫にとって必須アミノ酸であるタウリンや、お腹の健康維持のためのフラクトオリゴ糖も配合。人工着色料、人工香料、化学保存料は不使用なので安心。ヘアボールコントロール(毛玉ケア)も出来、水分が85%以上と豊富なので、水分不足になりがちな猫におススメです。

ネコちゃんの嗜好性に合わせた豊かな味のバリエーションが揃う「NAMAゼリー仕立て」
・NAMAチキンゼリー仕立て
・NAMAチキンビーフゼリー仕立て
・NAMAチキンサーモンゼリー仕立て
・NAMAマグロチキンゼリー仕立て
・NAMAマグロサーモンゼリー仕立て
・NAMAマグロしらすゼリー仕立て
・NAMAチキンラムゼリー仕立て
・NAMAマグロゼリー仕立て
・NAMAチキンしらすゼリー仕立て
・NAMAマグロホタテゼリー仕立て
「NAMAゼリー仕立て」の特徴
価格:150円 ※税込価格
製造場所:タイ製
内容量:80g
販売店:オンラインペットショップ「perromart.jp」内(https://perromart.jp/pages/nama)

冬における猫の水分補給について

冬になり寒くなると、猫の運動量が減ることで喉が渇かず水分補給が減り、尿意を感じにくくトイレに行かなくなります。特に喉の渇きに敏感でない猫は水分補給不足が原因で、頻繁にトイレに行くのにオシッコが少ししか出ない、血尿が出るなど排泄に伴うさまざまな症状が現れる下部尿路疾患を寒くなる時期に起こしやすくなります。この病気を起こさないよう、猫に水分をしっかり摂らせるには、食事から水分を補給させる方法があり、NAMAゼリー仕立ては水分が85%以上と豊富なので、猫に美味しく、毎日水分補給をさせることが出来ます。

水分が85%以上で水分不足になりがちの、ネコちゃんにおすすめ


perromart.jp(ペロマート)について


シンガポールでNo.1のオンラインペットグッズショップが日本上陸「perromart.jp(ペロマート)」
シンガポールでシェアNo.1のオンラインペットグッズショップが日本に上陸。「ペットと人間の生活をより密接にする」という会社のミッションを基に、犬・猫に向けた自社ブランドを取り扱っております。


《自社ブランド紹介》
■NAMA(ナマ)
NAMAは、NAMAゼリー仕立てやNAMA猫砂、NAMAふりかけ・おやつ等を取り扱うキャットフードブランドです。“猫を笑顔に、健康に”というコンセプトの基、キャットペアレント、そして皆様の大切な猫たちに寄り添い、より良い食材を使ったキャットフードをお届けできるよう努めております。

“猫を笑顔に、健康に”「NAMA(ナマ)」


■PawMade(ポーメイド)
PawMadeはペットベッドやおもちゃ、お散歩グッズ等を取り扱うペットグッズブランドです。”ペット生活をおしゃれに快適に”というコンセプトの基、高品質で安全なペットグッズをご提供できるよう努めております。

”ペット生活をおしゃれに快適に”「PawMade(ポーメイド)」



11・22セール開催

11月22日はわんわん(11)・にゃんにゃん(22)と表せることから、“ペットたちに感謝する日(THANKS PETS DAY)”と定められています。今回「perromart.jp(ペロマート)」では、この記念日を祝い「全品12%OFF(わんにゃんOFF)」「1,122円以上のご購入で送料無料」などのセール企画を開催します。ペットへ日頃の感謝を込めて、特別なフードやベッドを贈ってみてはいかがでしょうか。

「ペットたちに感謝する日(11月22日)」にセール開催


大人気グッズが入ったお得なセット商品も

《11・22詳細》
日程:2020年11月22日(日)
場所:オンラインペットショップ「perromart.jp」内
<URL>https://perromart.jp/


25Holdingss(トゥエンティファイブホールディングス)について

25Holdingsは、シンガポールを拠点とし、「ペットと人間の生活をより密接にする」というミッションを基に、オンラインペットグッズショップ「perromart(ペロマート)」と、犬・猫に向けた自社ブランドを開発しているグローバルスタートアップです。本社のシンガポールをはじめ、マレーシア、ベトナム、バングラディッシュにチームを持ち、東南アジアを中心に展開し、シンガポールとマレーシアで最も利用されているオンラインペットショップになりました。私たちは「世界No.1ペットケアブランド」を目指し、さらなる拡大のため、2020年3月より日本で事業を開始しました。

多様な価値観のチームで事業を運営

【会社概要】
会社名:25Holdings Pte. Ltd.
所在地:〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11-37 小林ビル2階B号室
代表者:日本支社代表取締役 藤田英輝
設立:2015年8月
URL:https://jp.25holdings.com/
事業内容:
・シンガポールとマレーシアで最大級のオンラインペットショップ「perromart」の運営
・ペットグッズブランド「PawMade」の展開
・自社ブランドの開発(キャットブランド「NAMA」、ドッグブランド「HEKA」)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、5月は前月比-1.4% 予想外の減少

ビジネス

気候変動関連の資金供給、情勢変化に柔軟対応が可能=

ワールド

中国発改委、石炭価格を調査 投機を取り締まりへ

ビジネス

東芝議長が書簡、株主意見を匿名募集 「前向きな変革

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 10

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中