プレスリリース

【LINEリサーチ】夏休みに帰省を予定しているのは全体で4割強、電話やLINE、ビデオ通話で連絡をとる予定の人も 帰省する人も「同じ県内」「車での移動」「日帰り」などコロナ禍を意識した回答が見られる

2020年08月04日(火)18時55分
LINE株式会社
LINEリサーチ、夏休みの帰省事情に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約528万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。 このたびLINEリサーチでは、日本全国の15~59歳の男女を対象に、今年の夏休みの帰省事情について調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせします。 ※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: http://research-platform.line.me/archives/35681513.html


■夏休みに実家に帰省予定の人は44%


今年の夏休みに帰省するかに関しては、全体で4割強が「実家に行く・滞在する予定」と回答し、女性の方が帰省傾向が若干高めでした。
また、「連絡すると思うがまだ方法は決めていない」という回答も2割弱いました。

一方、帰省するのではなく、「電話やLINE、ビデオ通話などで実家とコミュニケーションをとる」という人も1~2割弱ほどいました。電話は40代以上で高めの傾向、LINEは20、30代、ビデオ通話は30代が多くなっています。

■夏休みの様々な帰省方法の中で、多くの人が意識して行動している


実家に直接帰省しようと考えている方も、短距離・短期間移動なども考えつつ、以前のようには気軽には移動できないからこそ家族に会っておきたい気持ちをつづる内容も多く、いつもとは違う状況の中での帰省を模索している姿が浮き彫りになりました。今年の帰省方法を選んだ理由に関するコメントをご紹介します。

実家に帰省する予定
・今年は帰る機会が少ないので。同じ県内なので、車での移動です(男性26歳)
・孫の顔を見せに行く。同じ県内だけど、コロナなどの不安もあるので、日帰りで(女性35歳)
・実家には母一人なので、コロナ禍ではあるが、半年以上帰省していないし、お墓参りもるので(男性48歳)
・他県の実家には行けないが、同県の義理の実家にはお墓参りに行こうと思っている(女性52歳)

電話やLINEをする予定
・感染者が多い地域に住んでいるので、年配の祖母がいる実家に帰省するのは気が引けるため(女性24歳)
・まだ長距離移動は不安があるので、帰るのはやめLINEのみにする(女性31歳)
・新幹線での移動があるので、コロナに感染しないか不安だから。また子供の夏休みが短いため(女性47歳)
・コロナが拡大しているので、帰省したかったが電話をまめにして、コミュニケーションをとろうと思っている(女性51歳)

ビデオ通話をする予定
・子供たちの元気な様子を親に見せようと思います(女性37歳)
・子供が産まれたばかりなので顔を見せてあげたいが、移動は厳しそうだから(男性35歳)
・親の顔をみるため(男性37歳)
・今年は出掛けるのが難しそうなので、行くことはできないが、連絡はちゃんと取りたい。できれば顔を見て話したいので(女性46歳)


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年7月17日~19日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約528万人のアクティブモニターのうち10~29歳が52%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2020年6月時点

「LINE リサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!