プレスリリース

『KOF ALLSTAR』11月19日より『鉄拳7』コラボの実施を決定!特設サイトにてコラボ情報を大公開

2019年11月08日(金)18時53分
ネットマーブル
●11月19日(火)より『鉄拳7』コラボの実施が決定!特設サイトにて参戦ファイターなどコラボ情報を大公開



 ネットマーブルは、スマートフォン向け超爽快アクションRPG 『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR(ザ・キング・オブ・ファイターズ オールスター)』(以下、KOF ALLSTAR)において、2019年11月19日(火)より、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの大人気格闘ゲーム『鉄拳7』とのコラボレーションを実施することをお知らせいたします。
 また、本日11月8日(金)に、『鉄拳7』コラボの内容を紹介する特設サイトを公開したことも併せてお知らせいたします。

◆11月19日(火)より『鉄拳7』コラボの実施が決定!特設サイトにて参戦ファイターなどコラボ情報を大公開
 本日、『鉄拳7』コラボの特設サイトをオープンいたしました。特設サイトでは、参戦ファイターやバトルカード、ステージなどのコラボ内容をご紹介しております。ぜひ特設サイトにてご確認ください。

 『鉄拳7』コラボの詳細については、特設サイト及び公式サイトのお知らせにて随時紹介して参ります。

・『KOF ALLSTAR』×『鉄拳7』コラボ特設サイト
 https://kofallstar.netmarble.jp/event/tekken7/

・『KOF ALLSTAR』公式サイト:お知らせページ一覧
 https://kofallstar.netmarble.jp/notice/

◆『鉄拳7』とは◆
 『鉄拳7』は、世界累計販売本数400万本を突破し、現在も好評発売中の『鉄拳』シリーズの最新作!直感的な操作で個性豊かなキャラクターを操り、ド迫力のバトルを楽しむことできる3D対戦格闘ゲーム。本作から、『レイジアーツ』などの“逆転”が狙える新システムが導入され、決まれば一撃壮快のド派手な演出が繰り広げられる。視覚的にもわかりやすく、楽しめるようになっているので、プレイヤーだけでなく、観戦者も思わず手に汗を握ってしまうほど。
 ドラマティックな演出が、現在のe-sportsシーンでも国内外問わず多くの観客を魅了している。ダウンロードコンテンツでは、新キャラクターや新技など多くの新要素を続々と追加しており、『鉄拳7』は新たな局面を迎えている。

・『鉄拳7』公式サイト
 https://www.tk7.tekken-official.jp/

TEKKEN™7 & (c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

◆『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』とは◆
 『KOF ALLSTAR』は、対戦格闘ゲームシリーズ『THE KING OF FIGHTERS』の派手なスキルアクションや爽快なコンボアクションを簡単操作で手軽に楽しめるモバイルアクションRPGです。歴代シリーズのキャラクターが登場するスマートフォンゲームタイトルで、『KOF '94』からKOFシリーズのナンバリングタイトル最新作で14作目となる『KOF XIV』までのファイター達が、原作の表現をそのままに、最高レベルのグラフィッククオリティで参戦いたします。ゲーム内のサウンドはもちろん、必殺技・超必殺技・コンボも原作を忠実に再現しています。また、『KOF ALLSTAR』オリジナルのファイターやストーリーも登場いたします。

・StoreURL
【App Store】
 https://itunes.apple.com/jp/app/id1137528731
【Google Play】
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.netmarble.kof

■『KOF ALLSTAR』公式サイト
 https://kofallstar.netmarble.jp
■『KOF ALLSTAR』公式Twitter
 https://twitter.com/KOF_ALLSTAR
■『KOF ALLSTAR』プロモーションムービー
 https://youtu.be/Q7R2aYemMT4

◆『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』について◆
[ タイトル ] THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR
[ ジャンル ] 超爽快アクションRPG
[ 提供元 ] Netmarble Corp.
[ 対応OS ] Android 4.4以降 / iOS 9.3以降
[ サービス開始日 ] 2018年7月26日
[ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり)

コラボ情報の掲載及び画像掲載の際は、下記のコピーライトの表示をお願いいたします。
TEKKEN™7 & (c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(c) SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. (c) Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. 2018 All Rights Reserved.

◆Netmarble Corp.について◆
 ネットマーブルは、世界中の人々に楽しく良質なゲームを提供しております。現在、全世界で急成長しているモバイルゲーム会社の一つであり、全世界を代表する開発社兼パブリッシャーです。2000年に韓国で設立されて以来、6,000人を超える従業員と共にブレイドアンドソウル レボリューション(Blade & Soul Revolution)、リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)、マーベル・フューチャーファイト(MARVEL Future Fight)、BTS WORLD、セブンナイツ(Seven Knights)などの良質なモバイルゲームをリリース、サービスしてきました。グローバルMMORPGゲームの開発社Kabamの親会社であり、グローバルカジュアルゲームの開発社Jam Cityの最大株主でもあるネットマーブルは、アジア最大のエンターテイメント企業CJ ENM、アジア最大のインターネット企業Tencent Holdings、MMOで有名な企業NCSOFTと戦略的パートナーシップを締結し、協力し合ってきました。ネットマーブルに関する詳しい情報は、 http://company.netmarble.com/en をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 https://www.netmarble.co.jp/ をご覧ください。

App StoreはApple Inc.のサービスマークです。Google Play、Android、YouTubeはGoogle LLCの商標または登録商標です。TwitterはTwitter,Inc.の商標または登録商標です。記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

米債券投資家、FRBの姿勢見極めへ イールドカーブ

ワールド

焦点:トランプ氏、米中第1段階合意にしがみつく他な

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 2

    米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 6

    メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

  • 7

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 8

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 9

    韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!