プレスリリース

「ET & IoT Technology 2019」に出展

2019年11月19日(火)18時59分
デルタ電子株式会社
デルタ電子株式会社(本社:東京都港区 代表者:柯進興)は、2019年11月20日から22日にパシフィコ横浜で開催される「ET & IoT Technology 2019」に出展いたします。


報道関係者各位
ニュースリリース

「ET & IoT Technology 2019」に出展

 デルタ電子株式会社(本社:東京都港区 代表者:柯進興)は、2019年11月20日から22日にパシフィコ横浜で開催される「ET & IoT Technology 2019」に出展いたします。

 エネルギーや環境問題などを解決するHEMSのさらなる普及促進を図るため、住まいのライフラインとなる電気、空気、水道、ガス、照明、家電など、エネルギー消費量を家の中や外出先から可視化する次世代型IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム”CONSCIOUS”を核として、家庭用EV(電気自動車)充電器、太陽光発電用ハイブリッドパワーコンディショナなど、家庭向けソリューションを提案します。

【住宅用エネルギーソリューション】
・IoT/AIスマートホーム・マネジメントシステム "CONSCIOUS"
家庭で使うエネルギー消費量、室内空気質、あらゆる機器の状態やEV充電情報などを家の中でも外出先からも可視化し、賢くスマートに管理・制御します。デルタ電子のEV用AC充電器"Q-VEC"との連携により、充電状態や充電量の可視化、毎月の充電量と電気料金の確認、充電時間のタイマー設定などを利用することができます。また、VPP/DR向けゲートウエイとして様々なシーンや用途にご利用いただけますので、お客様のビジネスやニーズに合わせた機能の実現と付加価値の創造に貢献します。
URL:https://conscious.cestec.jp/

・EV用AC 充電器 "Q-VEC"
AC6kWの大出力でありながら、一般家庭に調和するデザインをコンセプトに、スタイリッシュでインテリア的外観を持ちながら、さらに手軽で使いやすい充電器です。また、デルタ電子のデマンドコントローラを利用すれば、EV充電起因の停電が発生しないように、充電器以外の電気使用量を監視し、EVへの充電を契約電力内で抑制または増大することが可能です。

・“セイバーH・ハイブリッド蓄電システム”:複数台システム拡張
コントロールファームウエアをアップグレードし、複数のセイバーH・ハイブリッド蓄電システム、又は、デルタ電子の住宅用パワーコンディショナを接続・増設することで、太陽光ハイブリッド蓄電システムを拡張することができるようにしました。 最大で3台のパワーコンディショナを組み合わせ、パワーモニターに接続することで、9.9kW(AC)から25.7kW(AC)の出力、また蓄電池容量は最大33.6kWhまでのシステムを構成できるようになりました。
複数台システムにより、より多くの太陽光で発電した電力を充電、日没後に電力を出力。自家消費時代の太陽光発電ハイブリッド蓄電システムとして多様化する用途、ニーズに応えます。

是非ご来場いただき、当社ブースへお越しいただけますよう、よろしくお願いいたします。

【展示会概要】
名称:ET & IoT Technology 2019
会期:2019年11月20日(水)-22日(金)
会場:パシフィコ横浜
弊社展示場所:「エコーネットコンソーシアム」ブース内

【デルタグループについて】
デルタグループは世界有数のスイッチング電源、冷却ファンメーカーであり、またパワーマネジメント、電子部品、ディスプレイ、FA、ネットワークから再生可能エネルギーソリューションまで広範に渡る機器とサービスを提供しております。1971年に台湾で創業し、現在では世界各地に営業拠点と製造拠点を擁しております。
ホームページ:http://www.delta-japan.jp/

【本リリースに関するお問合せ先】
デルタ電子株式会社マーケティング課
e-mail: jpmarketing@deltaww.com
TEL: 03-5733-1513 (平日 09:00–18:00)

【本製品に関するお問合せ先】
デルタ電子株式会社 IoT & e-Mobility事業開発部
電話:03-5733-1276

【弊社概要】
会社名: デルタ電子株式会社
代表者: 柯 進興
所在地: 東京都港区芝大門2-1-14
設立:   1991年6月
URL: http://www.delta-japan.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

イタリア経済、目先は軟調な局面が続く見通し=国立統

ビジネス

中国、現地生産のテスラ車に新エネ車向け補助金の支給

ワールド

北朝鮮、来年から医療ツーリズム提供へ 中国観光客の

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 10

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 5

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 6

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 9

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!