Picture Power

【写真特集】出口なきエルサルバドルの闇

NO WAY OUT

Photographs by TARIQ ZAIDI

2021年11月16日(火)16時00分

チャラテナンゴ刑務所に収監されている27歳のMS‒13メンバー。MS‒13のモットーは「殺せ、レイプし、支配せよ」

<暴力と恐怖が支配するギャングの世界に一度足を踏み入れれば、もう出口はない>

ギャングによる殺人やレイプが蔓延する中米エルサルバドル。幼少期から暴力や貧困と隣り合わせの日常は、絶望した若者たちをギャングの道へと引きずり込む。新入りメンバーは殴打やレイプの洗礼を受け、逃げ出そうとする者には死が待ち受ける。

写真家のタリーク・ザイディは、ギャングが恐怖によって同国を支配している様子を写真集『シン・サリダ』にまとめた。「(ドナルド・)トランプ前米大統領が中米からの移民を『犯罪者』と呼んだとき、彼らがどんな生活から逃れようとしているのかを知ろうと思った」とザイディは言う。

3年がかりで撮影したのが、同国で二大勢力とされるギャンググループのマラ・サルバトルチャ(MS-13)とバリオ18のメンバー、そしてその恐怖支配の現場だ。

8~9歳でギャングに入る子供もおり、一度入ると精神的にも肉体的にも抜け出すことは困難だ。絶望的世界への入り口は曖昧で、一度入ると出口はない。彼らの支配下に生きる多くの人々にもまた、出口は見えない。

ppsalvador02.jpg

ケサルテペケ刑務所に過密状態で収監されているギャングたち。貧困が若者を絶望させギャングに入るしか道がない状況に(2018年)


ppsalvador03.jpg

エルサルバドルの首都サンサルバドルの路上で射殺事件があったエリアを封鎖する警官たち。死体には8発の弾丸が撃ち込まれていた


ppsalvador04.jpg

2018年の撮影時、チャラテナンゴ刑務所では更生を目的にアクティビティーが行われていたが、20年に同刑務所は閉鎖された

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾 標的に命中

ワールド

UAE首都で燃料トラック爆発、3人死亡 フーシ派が

ビジネス

カナダ企業、人材不足や賃金圧力の強まり指摘=中銀調

ビジネス

米副大統領、投票権保護へ上院は行動を キング牧師記

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中