Picture Power

【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び

DRIVE-IN NATION

Photographs by LAURA MORTON

2021年02月20日(土)18時00分
【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』を上映するペンシルベニア州ディルズバーグのハーズ・ドライブイン。ドライブインシアターでの新作上映はまれだったが、コロナ禍では珍しくない

<全米各地のドライブインで、人々は孤独と連帯感の入り交じった体験を共有している>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなか、アメリカの至る所で人々は、社会的距離を取りながら一体感を味わえる場所を求めている。それが実現できるのは、古き良き時代のアメリカにおなじみの場所――ドライブインシアターだ。

持病を抱える私はコロナ禍の当初、社会的距離を過剰に気にしていた。公共の場で唯一安心できたのは、自家用車の中。車内では殻に守られながら、他人と交流できる。

ドライブインシアターはアメリカ文化の核心と密接に結び付く。個人の自由やアウトドア願望、車、ジャンクフード、そしてハリウッドだ。1950年代の4000カ所超からは激減したが、今でも約305のシアターが残る。

パンデミックで屋内型映画館が次々と休館するなか、新たな客層が加わったドライブインもあれば、休業状態から復活を遂げたところもある。全米各地のドライブインで、人々は孤独と連帯感の入り交じった体験を共有している。

―ローラ・モートン

ppdrivein02.jpg

アイダホ州ドリッグスのザ・スパッド・ドライブインに入場する車を出迎えるチケット売り場の係員。「スパッド」はアイダホ州名産のジャガイモから名付けられた


ppdrivein03.jpg

アメリカで最も歴史ある1934年開業のシャンクウェイラーズ・ドライブインシアター(ペンシルベニア州オアフィールド)に雨上がりの虹がかかる


ppdrivein04.jpg

家族経営のハーズ・ドライブインの5代目として働くアビー(左)とトリーのハーディー姉妹。1953年の開業以来、このシアターは同じ一家が経営している。現在の経営主は2人の祖母

ニュース速報

ビジネス

中国、金融機関の倒産法制定を議題に

ワールド

タイ、ワクチン接種した外国人の隔離期間を7日に短縮

ワールド

焦点:香港民主化の「夢」ついえるか 全人代で選挙見

ワールド

インド、日米豪にワクチン生産設備への投資を要請 中

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!