Picture Power

【写真特集】オランダに迫る海面上昇のタイムリミット

WATERLAND

Photographs by KADIR VAN LOHUIZEN

2020年12月12日(土)15時40分
【写真特集】オランダに迫る海面上昇のタイムリミット

首都アムステルダムのある北ホラント州の多くは平坦な低地で、泥炭地に多くの用水路が走っている

<海水面が今より3メートル以上、上昇すると、国土の一部を放棄して大都市を移転させることが必要になる可能性も>

ppholand-map.jpg1953年に発生した高潮による北海大洪水は、オランダ南西部の広い地域を冠水させ1900人近い死者を出した。国土の4分の1が海面より低いこの国にとって、堤防などの治水対策は不可欠の存在だ。その後、南西部を堤防や水門などで高潮から守るデルタ計画が進行。53年のような高潮被害は理論上、1万年に1回しか起こらなくなった。

だが、その状況が変わろうとしている。気候変動により、今世紀末には海水面が1~3メートル上昇する可能性があるからだ。これまで以上の排水施設と堤防のかさ上げは不可欠だが、それでも対応が可能なのは3メートルの上昇までだという。

それ以上になれば国土の一部を放棄し、アムステルダムやロッテルダムなどの大都市の移転が必要との指摘もある。海面上昇はもはや時間の問題であり、いずれ治水対策の費用と都市移転の費用をてんびんに掛けることになる。

デルタ計画の完成には40年を要した。だが、今のオランダに残された時間はそれほど長くはないかもしれない。

ppholand0102.jpg

1、北海の一部であるワッデン海と、かつて湾だったアイセル湖を仕切る「締切大堤防」。1932年に完成し、周辺の土地を高潮から守るとともに干拓を可能にしている。昨年からは堤防の強化計画が進む


ppholand0202.jpg

2、約1000年前から泥炭地の上に町が造られ、水運業で栄えたゴーダ。水を含んだスポンジのような土壌は、町の建造とともに緩やかに沈下し続けている。海水面の上昇もあり、根本的な解決策は見当たらない


ppholand0302.jpg

3、南西部ゼーラント州の村ウォルファールトスデイクで、トウモロコシやサムファイアという野菜を栽培する農家の男性。海沿いの土地は塩分濃度が高いため、栽培できる作物の種類は限定される


ppholand0402.jpg

4、巨大な可動式の防潮堤「マースラントケリンク」の建造により、デルタ計画は完成。ロッテルダムの町と港を守る重要施設だが、海水面が上昇すればほぼ年中閉鎖されることになり、町と海は分断される


ppholand0502.jpg

5、1953年の高潮と同じく、嵐と大潮が重なった2019年1月8日にテルスヘリング島で起きた洪水。治水対策により本土の被害は軽微だったが、対策が十分でない土地ではこうした被害が頻発するようになった

ニュース速報

ビジネス

20年米年末商戦、小売売上高は8.3%増 政府の現

ワールド

仏、20年の死亡率が9%上昇 新型コロナで

ビジネス

米民主ペロシ氏、トランプ氏弾劾裁判開始日明確にせず

ビジネス

コロナ、21年通して米経済の重しに=ミネアポリス連

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!