Picture Power

【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と

MODERN DOGS AT HOME

Photographs by NANCY BARON

2020年09月12日(土)17時10分
【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と

<Charlie、犬種:スタンダード・パーティー・プードル、建築家:ウィリアム・ラッセル、1963年>「4本足の家族がいない家は『ホーム』とは言えない。いつもパラダイスで暮らしていたい」

<カリフォルニアの高級住宅街パームスプリングスでは、住人たちにとって犬は欠かせない家族の一員>

犬は、いかなるときも私たちを支え、癒やし、無償の愛を与えてくれる。コロナ禍により自宅での時間が増えた現在では、人類最良の友の存在はますます重要になっている。

米カリフォルニア州のリゾート地パームスプリングスは、第2次大戦後に花開いたミッドセンチュリーデザインを基調とした建築物が立ち並ぶ高級住宅街でもある。豊かで美しく、平穏だった時代のライフスタイルを楽しむ住人たちにとっても、犬は欠かせない家族の一員となっている。

写真家のナンシー・バロンは長年、この町を生活拠点の1つとし、住人として町の魅力をカメラに収めてきた。その集大成として、今月末に写真集『パームスプリングス:モダン・ドッグス・アット・ホーム』が発売される。

そこに映し出されるのは、開放感な空間と洗練されたインテリアを備えた家々。そして、もう1つの主役であるペットの犬たちだ。写真に添えられた飼い主たちの言葉からも分かるように、周囲のデザインと完璧に調和した犬たちは、住人の完璧主義的なライフスタイルへのこだわりとともに、彼らの生活に与えられたぬくもりを感じさせる。

PPDOGS02.jpg

<Jimmy、犬種:ジャック・ラッセル・テリアとシーズーのミックス、建築家:ドナルド・ウェクスラー、1960年>「ジミーがいると自然と笑顔になれる。ストレスを感じた日でも、ジミーは私たちを落ち着かせてくれる。そこにいるだけで、毎日の生活に大きな喜びを与えてくれる」


PPDOGS03.jpg

<Lillian(左)、Rena、犬種:オーストラリアン・キャトル・ドッグ(左)、ラブラドール・レトリバー、建築家:ジャック・マイゼルマン、1957年、車:1963年型 シボレー・コルベア・モンザ>「2匹は私たちにとって、とても大きな存在。それに2匹が車から顔を出したり寝そべっているだけで、通りすがりの人たちも笑顔になる」


PPDOGS04.jpg

<Ella、犬種:イングリッシュ・シェパード、建築家:ドナルド・ウェクスラー/リチャード・ハリソン、1959年>「明るくモダンな家を、より温かく刺激的にしてくれる。Ellaの静かなエネルギーは、ロサンゼルスの喧騒を離れたパームスプリングスの雰囲気に完璧にマッチしていると思う」


PPDOGS05.jpg

<Winston、Peanut(机の下)、犬種:スムース・フォックス・テリア、ボーダー・テリア(机の下)、建築家:ドナルド・ウェクスラー、1965年>「これまで常に室内で2匹の犬を飼ってきた。彼らが一緒に遊ぶ姿を眺めたり、それぞれ違う性格をしているのを見つけたりするのが楽しい。いつも愛らしく、忠実でいてくれる」

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!