Picture Power

【写真特集】家族の誰かと似てるって、どんな気分?

FAMILY RESEMBLANCE

Photographs by ERIC MUELLER

2020年06月20日(土)15時00分

ppfamily06.jpg

【バスカー姉妹】家族との類似点に自分の過去、現在、未来がちらりと表れる。私を見ると、家族が見える。父の目、母のほほ笑み、祖母の耳(と短気さ)、祖父の手、姉妹のあご、姪の癖。――テラ・バスカー(左、姉妹のキャシー・カルステンと)


ppfamily07.jpg

【バスゲン兄弟】兄弟や父にそっくりと言われるが、自分では分からない。若い頃は父みたいになりたくなかったが、年を取るにつれ2人を隔てる問題はなくなっていった。父に似ていることは私の財産だ。――フリッツ・バスゲン(右、兄弟のジョン・バスゲンと)


ppfamily08.jpg

【トゥリウス姉妹】私たちは一卵性双生児で、韓国からアメリカに養子に来た。家族のみんなと見た目は違うけど、2人はそっくり。多様性のない地域で育った有色人種の養子の多くは、喪失感を口にすることが多い。――メーガン・コー・ユン・トゥリウス(右、姉妹サラ・ダン・ビー・トゥリウスと)


ppfamily09.jpg

(左上から時計回りに)サヒリきょうだい、ライス兄弟、ヒューストン兄弟、バレデス・ニチャトバきょうだい

Photographs from "FAMILY RESEMBLANCE" by Eric Mueller, published by Daylight

撮影:エリック・ミューラー
家族のアイデンティティーをテーマに活動するアーティスト、写真家で、美術館を中心に作品を発表している。以前は、映画プロデューサーとして25年間活動し、1994年に、監督、脚本を担当した映画『World and Time Enough』で、サンフランシスコの国際ゲイ・レズビアン映画祭最優秀作品賞を受賞した。本作は、最新写真集『FAMILY RESEMBLANCE』(米デイライト社)からの抜粋

<本誌2020年6月16日号掲載>

【話題の記事】
・東京都、新型コロナウイルス新規感染41人 6月の感染合計440人に
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・感染者・死者ともにASEAN最悪に インドネシア、新型コロナ感染拡大しても規制緩和の愚策
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

キーワード

ニュース速報

ワールド

ロシア、コロナワクチン治験を一部停止 登録増加で不

ワールド

ゴーン被告支援の2容疑者、米が日本引き渡し承認 移

ワールド

仏ニース教会襲撃で3人死亡、イスラム過激派の「テロ

ワールド

米モデルナ、11月にコロナワクチンの治験データ公表

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!