Picture Power

【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常

NEW SULTAN FOR A MODERN TURKEY

Photographs by EMANUELE SATOLLI

2020年01月16日(木)18時10分
【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常

今年3月の統一地方選で候補者の応援に訪れたエルドアンのバス降車を治安部隊が警護する(イスタンブール)

<他民族を排してナショナリズムを高めるエルドアン大統領の政策は見事に浸透している>

トルコにエルドアン政権が誕生して16年、政府と与党・公正発展党(AKP)は過激なナショナリズムと原理主義的なイスラムの教えを扇動して政治力を高めてきた。

2019年10月にシリア国境沿いで行われた戦闘もその一環だ。シリア難民を移住させる「安全地帯」をつくるという大義の下、トルコ政府がテロリストと見なすシリア北部のクルド人民兵組織、人民防衛隊を容赦なく攻撃した。

170人の犠牲者と30万人以上の避難民が出たが、国境地域のトルコ住民は政権と同様、クルド人をテロリストと信じて疑わず、この戦闘を強く支持していた。他民族を排してナショナリズムを高めるレジェップ・タイップ・エルドアン大統領の政策は、見事に浸透している。

トルコに移り住んだ写真家エマヌエーレ・サトーリは、政権に反発する世俗主義者の姿も含め、この国で起きている歴史的変化を追っている。彼が「新スルタン」と呼ぶ現代の絶対君主エルドアンが残した血なまぐさい足跡をたどりながら。

ppturkey02.jpg

南東部アクチャカレで綿花農場の傍らを通過する軍事車両。シリア北部と国境を接するこの地域では10月からクルド人勢力の掃討を目的とした攻撃が続いていた


ppturkey03.jpg

南東部ディヤルバクルのクシュヌモスクは世界遺産にも登録されているが、クルド労働者党(PKK)支持者とトルコ治安部隊の戦闘で被害を受けた(2015年)


ppturkey04.jpg

イスタンブールで初めて開催された「控えめなファッションウイーク」で、モデルの女性が保守的なイスラム教徒向けの服を着てポーズを取る(16年5月)


ppturkey05.jpg

植毛手術を受ける男性(イスタンブール、15年)。トルコの植毛産業は10億ドル規模で、顧客の多くがサウジアラビアやクウェートなどのアラブ諸国からやって来る

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!