Picture Power

【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実

HOMELANDS

Photographs by PIETER DE VOS

2019年06月07日(金)18時00分
【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実

「人生は捉えどころのないもので理解したと思ったら形を変え、次はどんな表情を見せるか分からない」と語るドナルド

<アフリカ大陸で屈指の経済力を誇る南アフリカでは、拡大する貧富の格差が世界最大級となり、急速な都市化で住む場所を奪われたホームレスが急増している>

全ての人種が参加する選挙が実施されてから四半世紀。ポスト・アパルトヘイトの「差別なき」南アフリカは、大陸屈指の経済力を誇り、貧困率も減少するなど確かな発展を手にした。

その一方で、拡大する貧富の格差は世界最大級となり、急速な都市化で住む場所を奪われたホームレスが急増。そんな経済発展のひずみの象徴的な場所がある。首都プレトリアの裕福な地域の中にある貧困街、ウッドランド・ビレッジだ。

行き場を失った失業者や、生活基盤を持てない移民のために設けられたこの場所には、国内だけでなくレソトなど国外からの移住者合わせて846世帯が暮らす。「不法住民」として周囲の反発を受けながらも、裁判所は7年前に彼らの居住を許可した。それでも彼らの生活に安寧は訪れていない。排他的な人々の冷たい視線と暴力と貧困は、絶え間なく彼らを追い込む。

南ア生まれのピーター・デボスは、かつての祖国で向けるカメラの先にこの場所を選び、写真集『ホームランド』にまとめた。世界で進む分断社会と足並みをそろえたかのような貧困街。そこに暮らす1人の男性の視線を通じて、南アの現実と絶望する人々の姿を伝えるために。


ppsa02.jpg

貧困街のリーダー、ドナルド・バンダが暖を取るために燃やすのは政権与党のマニフェスト


ppsa03.jpg

写真家のデボスはドナルドの視点を通じて断絶の現実を撮った


ppsa04.jpg

暴力や襲撃にも耐えねばならない被差別スラム


ppsa05.jpg

居住者のアリー(左)を抱き締めるドナルド

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 9

    インドネシア首都移転を大統領が正式表明 反響が薄…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!