コラム

トランプ大統領のシリア攻撃は「目くらまし作戦」?

2018年04月17日(火)18時40分
トランプ大統領のシリア攻撃は「目くらまし作戦」?

シリア攻撃をトランプが決断した本当の理由は? Yuri Gripas-REUTERS

<普段の言動や政権運営から、シリアへの空爆が正しい判断だとしても間違って見えてしまうのが残念>

ドナルド・トランプ米大統領はシリア攻撃を「化学兵器の今後の使用を抑止するための制裁だ」と言っているが、攻撃に踏み切った本当の理由は?

その問いに対しては、こんな答えが多い。
 
トランプ大統領は国内問題で大ピンチだ!

▼2016年大統領選におけるロシアの干渉を調べる特別捜査は佳境を迎えている。トランプ陣営は共謀疑惑を持たれ、関係者数人は起訴されている。既に有罪判決を食らっている人もいる。

▼その捜査のきっかけとなったのがコミー元FBI長官の解任だが、コミー執筆の暴露本が発売される(4月17日)寸前にシリア攻撃を開始した。

▼ポルノ女優のストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)は、大統領との不倫関係について話さないように13万ドルもの口止め料を得たにもかかわらず、その契約は無効だと主張し、全国放送で赤裸々に語った。さらに、大統領と個人弁護士を相手に裁判を起こしている。

▼トランプの個人弁護士であるマイケル・コーエンの事務所がFBI捜査班に家宅捜査された。コーエンは長年の間、公私にわたるさまざまな案件においてトランプを支えてきたフィクサーなので、トランプはロシア関連の捜査よりもこの捜査を脅威に感じているといわれている。

▼公金の個人使用、インサイダー取引、縁故主義、家庭内暴力などなど、閣僚も含めてトランプの側近は不祥事が次から次へと発覚している。

▼その不祥事発覚のため、またはトランプの気分転換のため、閣僚も含めて側近の辞任・解任が相次いでいる。

こんなカオス状況で中間選挙を迎えるトランプ大統領だが、きっと意識しているのは昨年のある出来事。今からほぼ1年前に、今回と同じように化学兵器を使用したとされるシリアへのミサイル攻撃を、トランプの指示の下で米軍が実行した。すると、就任から下がりっぱなしだったトランプの支持率が久しぶりに跳ね上がったのだ。 

よっしゃ! 山積するスキャンダルや国内問題から国民の目をそらし、支持率回復を遂げるぞ!っと、今回の攻撃を決めたのだ。

悪いが、こんな答えに説得力を感じてしまうのは僕だけではないでしょう。冷静な議論を心がけたいが、ついつい過熱してしまう。
 
だって、「化学兵器を使うと高くつくぞ!」というメッセージをシリアに届けるため、複数の倉庫や施設を爆破したとされているが、巡航ミサイルは一本1億円以上かかるもの。前回より国内の政治状況が倍厳しいためか、今回は前回の倍近くの105発のミサイルを打ち込んでいる。単純計算で攻撃のコストも軽く100億円を超える。100億円あったらシリアで倉庫を何個建てられるかな......。結局、こちらが高くついているのではないか。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 2

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 6

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 9

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 10

    「ブレグジット大混乱」報道では見えない真のイギリ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!