コラム

アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

2018年03月07日(水)16時30分
アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

2月9日に発売されたアップルHomePod Shannon Stapleton-REUTERS

このコラムでは、以前に、日本では発売前のスマートスピーカーを採り上げたことがあった。スマートスピーカーとは、アマゾンのAlexa、グーグルのGoogle Assistant、アップルのSIriといったAIアシスタントをサポートした、インテリジェントなスピーカー製品のことを指す。

他のことをしながらでも利用できる

これまで電子機器は、ユーザーとのコミュニケーションにおいて画面を重視し、パーソナルコンピュータはもちろん、スマートフォンやタブレットでも、新型が出るたびにスクリーンの解像度が高くなり、発色も良くするといった競争を繰り広げてきた。

ところが、ここにきて、ディスプレイを持たず声だけで情報のやり取りを行うデバイスが注目されているのは何故だろうか?

それは、声によるコミュニケーションが人間にとって非常に自然なものであり、料理や読書、テレビ視聴、ドライブなど、他のことをしながらでも利用できる情報処理のやり方だからである。

たとえば、タッチ式のスマートデバイスは高齢者の間でも普及しつつあるが、タップができてもスワイプやドラッグ操作は苦手という人も少なくない。簡単に思えても、普段の生活の中で馴染みのない操作を覚えるのは、それなりに大変なのである。

これに対して、声で指示を出したり、ものを尋ねたりすることは、誰でも日常的に行っている。つまり、スマートフォンやタブレットの天気予報アプリやニュースアプリをうまく使うことができない人でも、スマートスピーカーにならば、普通に「今日の天気は?」とか「ニュースを聞かせて」と訊くだけで、目的を果たせるのである。

「アレクサ」が呼びかけやすい

もちろん、質問の前にスマートスピーカーに呼びかける必要があるが、これは家族の誰かに声をかけて天候や今日のトップニュースなどを訊くのと同じようなものだ。最初は気恥ずかしいかもしれないが、慣れればペット相手に何かをつぶやくのと、さほど変わらない感覚になる。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!