コラム

忘却される「ブラジルらしさ」の反乱、血と暴力に彩られた寓話『バクラウ 地図から消された村』

2020年11月27日(金)17時50分
忘却される「ブラジルらしさ」の反乱、血と暴力に彩られた寓話『バクラウ 地図から消された村』

血と暴力に彩られた現代の寓話『バクラウ 地図から消された村』

<SF? 西部劇? ホラー?......ブラジルの俊英が、血と暴力に彩られた独自の世界を切り開く......>

ブラジルの俊英クレベール・メンドンサ・フィリオ監督の新作『バクラウ 地図から消された村』では、謎めいていて狂気をはらみ、血と暴力に彩られた世界が切り拓かれる。

その舞台になるのは、ブラジルのペルナンブコ州西部にある村バクラウ。村の長老だった老婆カルメリータが亡くなり、葬儀を行うために遠方からも家族や村人が故郷に戻ってくるが、時を同じくして不可解なことが次々と起こり始める。

突然、村はインターネットの地図上から姿を消し、上空には正体不明の飛行物体が現れる。村に貴重な水を運ぶ給水車のタンクに銃弾が撃ち込まれ、村外れの牧場では住人たちが血まみれの死体となって発見される。地図から消えた村をよそ者の男女のバイカーが訪れ、やがて謎の殺人部隊が村を襲撃しようとしていることがわかってくる。

SF? 西部劇? ホラー?...... 独自の世界観

この物語が意味するものや独自の世界観を言葉で具体的に表現するのは簡単ではないが、フィリオ監督の発言がヒントになるかもしれない。彼は海外のインタビューで、カンヌ映画祭でともに注目を集めたポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』と本作が、いとこ同士のように思えたと語っている。

確かにこの二作品には共通点がある。『パラサイト〜』は、サスペンスやコメディ、ホラーなどジャンルを自在に越境することで、独自の世界を切り拓いた。本作も、冒頭に出る「今から数年後...」というテロップを踏まえるならSFともいえるし、村人とバイカーや殺人部隊との対立の図式には明らかに西部劇が意識されているし、暴力描写にはホラーの要素が色濃い。

共通点はスタイルだけではない。『パラサイト〜』は、"半地下住宅"に注目し、掘り下げることで、歴史も視野に入れた韓国社会の現実をドラマに反映させ、視覚的な効果にも結びつけ、格差を浮き彫りにした。本作にも同様のことがいえる。

本作の冒頭では、画面に地球が映し出され、ブラジル北東部の奥地が拡大されていく。その後、本編が始まると「ペルナンブコ州西部」というテロップも出るが、フィリオ監督が掘り下げようとするのは、必ずしもそこまで限定された場所ではない。

そのブラジル北東部の奥地がどんな世界なのかを知るには、丸山浩明『砂漠化と貧困の人間性--ブラジル奥地の文化生態--』がとても参考になる。そこから本作と接点がある要素を抜き出していくと以下のようになる。

oba1127b.jpg

『砂漠化と貧困の人間性─ブラジル奥地の文化生態─』丸山浩明(古今書院、2000年)

北東部の奥地は、白人入植者や先住民のインディオ、黒人奴隷など、人種・文化の混交地帯で、かつて牧畜業が発展した。昔からしばしば大規模な干ばつに見舞われ、飢えに苦しむ人々の都会への大量流出を繰り返してきた。カンガセイロと呼ばれる匪賊になる者もいた。干ばつの窮状が狂気や狂信を生み、大規模な反乱を起こして権力者に立ち向かうこともあった。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!