コラム

インドの女性問題と階級格差を描く『あなたの名前を呼べたなら』

2019年08月01日(木)17時45分
インドの女性問題と階級格差を描く『あなたの名前を呼べたなら』

『あなたの名前を呼べたなら』(C)2017 Inkpot Films Private Limited, India

<インドの大都会ムンバイを舞台に、メイドと御曹司との間に芽生える恋愛感情が細やかに描き出される。そして浮かび上がる階級と因習の壁......>

インド出身の新鋭女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作『あなたの名前を呼べたなら』では、大都会ムンバイを舞台に、農村出身のメイド、ラトナと建設会社の御曹司アシュヴィンの間に芽生える恋愛感情が細やかに描き出される。本作のプレスでゲラ監督は、その関係について以下のように語っている。


「こういった関係を公にするということは、不可能に近いことですから、もし、実際にあったとしても、人々に知られないようにしているでしょう」

彼女は、階級が異なる男女に対する鋭い洞察や緻密な構成を駆使して、主人公たちを隔てる壁を崩し、あり得ない関係の背後にある現実を掘り下げていく。

インドでの女性問題とジェンダー

物語は、山間部にある実家に里帰りしていたラトナが、雇い主の都合で突然ムンバイに呼び戻されるところから始まる。アシュヴィンは海外で挙式するはずだったが、その直前に婚約者サビナの浮気が発覚し、破談になったのだ。そこで、意気消沈するアシヴィンと住み込みのメイドが、広々とした高級マンションで生活することになる。もちろん、その程度のことでは階級の壁は揺らがない。

だが、アシュヴィンを滅入らせているのは破談だけではない。彼はニューヨークでライターの仕事をしていたが、兄が亡くなったため父親の建設会社の後継者にさせられた。その父親は、現場をアシュヴィンに任せたにもかかわらず、うるさく付きまとい口出しをする。母親や姉も家に押しかけてきて、破談の一件を蒸し返す。

これまで金持ちは自由だと思っていたラトナは、次第にアシュヴィンに対する考えが変わり、思い切って自身の境遇を告白する。彼女は、勉強をしたかったのに、病気を隠していた男と結婚させられ、19歳で未亡人になった。村では未亡人になれば人生は終わる。だが、彼女はメイドとして働き、妹を学校に行かせ、まだ人生が終わってはいない。そんな言葉で彼を励まそうとする。

ここで少し補足しておくと、マラ・センの『インドの女性問題とジェンダー──サティー(寡婦殉死)・ダウリー問題・女児問題』では、寡婦の境遇が以下のように説明されている。


「寡婦は他の家族とは別に、いつも最後に、一人で、食事をしなければならない。公に姿を見せてはいけない。家族だけの儀式も含めて社会的な儀式に参加できない。頭をいつもおおい続けなければならない。あらゆる面で社会的な追放者である。この現実は何世紀にもわたって変わらなかった」

oba0801d.jpg

『インドの女性問題とジェンダー──サティー(寡婦殉死)・ダウリー問題・女児問題』マラ・セン 鳥居千代香訳(明石書店、2004年)

これは、ラージプート族の場合ではあるが、本作でも物語が展開していくに従って、ラトナが同じような境遇にあることが明らかになる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 10

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!