コラム

東芝は悪くない

2017年03月28日(火)16時00分
東芝は悪くない

アート作品の上に映った東芝本社(東京) Toshiyuki Aizawa-REUTERS

<東芝問題が大詰めを迎えようとしている。よくある経営の失敗が、米原子力事業で約1兆円の損失を出す「事件」に発展したのはなぜか。それは不正会計のせいでも東北大震災のせいでもない。利益よりも事業継続を優先し、大きなリスクを取りに走る体質のせいだ。日本の優良大企業に共通するその体質を変える必要がある>

東芝の行く先が見えてきた。

ここまで自重していたが、流れが決まりつつあるので、メディアで議論しても良いだろう。

東芝の問題の本質は何か。会計の利益操作の問題ではない。ましてや経営者の不適切なプレッシャーの問題などではない。

本質的には何も悪いことはしていない。東芝は何も悪くない。ただ、愚かであっただけだ。

東芝問題はたいした問題ではないのである。たいした問題でないのに、問題が大きくなったことが問題なのである。

なぜか。リスクをとりすぎてしまったのである。そのリスクに気づいていなかったこと、そしていまだに理解していないこと、それがすべてである。その理由を考えることが本質であり、我々にとっても重要なのである。

【参考記事】東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

                 ***

私は今世紀に入ったころから東芝を遠くから眺めていた。

最初の感想は、この会社の社長にだけはなりたくない、というものだった。

そのとき(ある授業中だった)私が述べた理由は、あまりに事業範囲が広くて、怖すぎて、社長なんかやったら身が持たない、というものだった。冗談で、10億円でももらえば別だが、と言ったが、すぐその後で、10億円もらって1年無事に過ごしたら、それですぐ辞めて隠居します、とも言った。今言い直すとすれば、10億円もらっても怖くてできない、あるいはゴーン社長よりも遥かにチレンジングな仕事だというところか。

その次の印象は、いい会社だな、というものだった。社員がとても良い。素晴らしい、というよりはみんな普通にいい社員なのだ。社会人野球の決勝では東京ドームの半分を東芝社員が埋め尽くし、ラグビーも秩父宮も国立も4分の1は東芝社員だった。技術もあり、まじめだし、それなりのプライドもある。ある意味、理想的な社員の集まりだった。

日本の大企業の「普通」

三番目の印象は、いつも財務的にピンチの会社だな、ということだった。かつては東芝機械ココム違反事件、アンチダンピング訴訟などだが、それを乗り切ると、20世紀末から21世紀初頭にかけては、株価の下落から買収リスクに悩まされた。あまりに多角化されているため、ファンドが丸ごと買収して、一事業だけ切り離し、売り飛ばして大儲けし、残りをゴミのように捨てるのではないか、という不安に付きまとわれた。

四番目の印象は、日本の優良大企業に典型的なのだが、中間管理職は能力的に優秀だが、それに比して、トップの力が弱く、トップはいつもいい人だが、いい人であるだけだ、という印象だった。そして、中間管理職は勇ましく「うちはトップがだめだ」と言うが、実際はそれを寛容に受け入れており、トップがいまいちだけど、俺らががんばって会社を支えている、という自負で働いている、ということだ。これは東芝に特有なことではなく、すべての日本の優良大企業の最大の特徴だ。世界的にはありえない組織だが、これが日本の優良大企業の「普通」であり、これが様々な問題の背景にある。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 3

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 9

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!