コラム

東芝は悪くない

2017年03月28日(火)16時00分
東芝は悪くない

アート作品の上に映った東芝本社(東京) Toshiyuki Aizawa-REUTERS

<東芝問題が大詰めを迎えようとしている。よくある経営の失敗が、米原子力事業で約1兆円の損失を出す「事件」に発展したのはなぜか。それは不正会計のせいでも東北大震災のせいでもない。利益よりも事業継続を優先し、大きなリスクを取りに走る体質のせいだ。日本の優良大企業に共通するその体質を変える必要がある>

東芝の行く先が見えてきた。

ここまで自重していたが、流れが決まりつつあるので、メディアで議論しても良いだろう。

東芝の問題の本質は何か。会計の利益操作の問題ではない。ましてや経営者の不適切なプレッシャーの問題などではない。

本質的には何も悪いことはしていない。東芝は何も悪くない。ただ、愚かであっただけだ。

東芝問題はたいした問題ではないのである。たいした問題でないのに、問題が大きくなったことが問題なのである。

なぜか。リスクをとりすぎてしまったのである。そのリスクに気づいていなかったこと、そしていまだに理解していないこと、それがすべてである。その理由を考えることが本質であり、我々にとっても重要なのである。

【参考記事】東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

                 ***

私は今世紀に入ったころから東芝を遠くから眺めていた。

最初の感想は、この会社の社長にだけはなりたくない、というものだった。

そのとき(ある授業中だった)私が述べた理由は、あまりに事業範囲が広くて、怖すぎて、社長なんかやったら身が持たない、というものだった。冗談で、10億円でももらえば別だが、と言ったが、すぐその後で、10億円もらって1年無事に過ごしたら、それですぐ辞めて隠居します、とも言った。今言い直すとすれば、10億円もらっても怖くてできない、あるいはゴーン社長よりも遥かにチレンジングな仕事だというところか。

その次の印象は、いい会社だな、というものだった。社員がとても良い。素晴らしい、というよりはみんな普通にいい社員なのだ。社会人野球の決勝では東京ドームの半分を東芝社員が埋め尽くし、ラグビーも秩父宮も国立も4分の1は東芝社員だった。技術もあり、まじめだし、それなりのプライドもある。ある意味、理想的な社員の集まりだった。

日本の大企業の「普通」

三番目の印象は、いつも財務的にピンチの会社だな、ということだった。かつては東芝機械ココム違反事件、アンチダンピング訴訟などだが、それを乗り切ると、20世紀末から21世紀初頭にかけては、株価の下落から買収リスクに悩まされた。あまりに多角化されているため、ファンドが丸ごと買収して、一事業だけ切り離し、売り飛ばして大儲けし、残りをゴミのように捨てるのではないか、という不安に付きまとわれた。

四番目の印象は、日本の優良大企業に典型的なのだが、中間管理職は能力的に優秀だが、それに比して、トップの力が弱く、トップはいつもいい人だが、いい人であるだけだ、という印象だった。そして、中間管理職は勇ましく「うちはトップがだめだ」と言うが、実際はそれを寛容に受け入れており、トップがいまいちだけど、俺らががんばって会社を支えている、という自負で働いている、ということだ。これは東芝に特有なことではなく、すべての日本の優良大企業の最大の特徴だ。世界的にはありえない組織だが、これが日本の優良大企業の「普通」であり、これが様々な問題の背景にある。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

ニュース速報

ビジネス

香港金融管理局が市場介入、米国取引時間に21.59

ビジネス

大塚家具株が軟調、身売り交渉難航と報道

ワールド

イタリア閣僚、2019年度予算を協議 債務削減と財

ビジネス

コカ・コーラ、元NBAスター選手支援のスポーツ飲料

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 8

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!