コラム

ケイザイを読み解く 野口旭
ケイザイを読み解く 野口旭

数十年ぶりに正常化しつつある日本の雇用

<アベノミクスによって需要不足がほぼ解消されたことで、社会全体の生産可能性の拡大が、実質賃金の増加という形で、人々の厚生にそのまま結びつき始

2018.08.31
ケイザイを読み解く 野口旭

世界が反緊縮を必要とする理由

<現在の世界経済を貫く経済政策上の基本的な対立軸は、もはや政治イデオロギーにおける右や左ではなく、「緊縮vs反緊縮」である...> 経済論壇

2018.08.01
ケイザイを読み解く 野口旭

なぜ「構造改革論」が消えたのか

<日本の経済論壇をかつて支配した構造改革主義の政策命題が、現実そのものによって反証された> 日本経済に長期不況が定着しつつあった1990年代

2018.06.02
ケイザイを読み解く 野口旭

消費税増税による消費低迷が長引く理由

<これから再び大きな国民的論議の的になっていくであろう消費税増税。あえてこれまでの消費税増税の影響を検証する> 日本ではこれまで、1989年

2018.04.03
ケイザイを読み解く 野口旭

アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

<アベノミクスをどう評価するかが、今回の衆院選の争点の一つになっている。日本の雇用状況がアベノミクスの発動を契機として顕著に改善したことは明

2017.10.13
ケイザイを読み解く 野口旭

雇用が回復しても賃金が上がらない理由

<現在の日本経済は、一定の景気回復によって雇用は改善したにもかかわらず、未だ十分な名目賃金上昇が実現されていない。その理由は何か。そして、今

2017.08.17
ケイザイを読み解く 野口旭

政府債務はどこまで将来世代の負担なのか

<増税などを早期に行って日本の財政を健全化すべきという主張には、政府債務の将来世代負担論=老年世代の食い逃げ論がある。今回は、その問題を考察

2017.07.20
ケイザイを読み解く 野口旭

健全財政という危険な観念

<インフレ・ギャップが拡大してもいない中で行われる増税などの緊縮策は、1997年や2014年の日本の消費税増税がそうであったように、経済を確

2017.06.26
ケイザイを読み解く 野口旭

国債が下落しても誰も困らない理由

<「国債金利上昇=国債価格下落によって生じるキャピタル・ロス」問題を考察する。結論からいえば、問題は何もない。それでも、国債下落金融危機論が

2017.05.11
ケイザイを読み解く 野口旭

日銀債務超過論の不毛

<日銀の異次元緩和政策の出口局面に関する定番的批判に、「日銀債務超過論」がある。自民党の行政改革推進本部の「提言」も同様だ。これは結果として

2017.05.08

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

※次号10/2号は9/26(水)発売です

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に手段のない女性たち

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国不動産市場のバブル崩壊 土地入札の不成立が急増

  • 5

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 8

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 9

    モルディブ大統領選、中国重視の現職破り野党候補が…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 6

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!