最新記事

シリーズ日本再発見

世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

Keeping It in the Family

2020年01月23日(木)15時30分
エミリー・タムキン
世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

世界最古の企業「金剛組」は1400年以上も事業を継承してきた(写真は1930年1月に撮影された金剛組棟梁ら) Public Domain

<創業から何世紀も続く老舗企業が日本に数多く存在するのは、同族経営によって企業理念を次世代へと継承しているから>

現在も続く世界最古のホテルがあるのは、パリでも、ロンドンでも、ローマでもない。ギネス世界記録によれば、世界最古のホテルは日本の山梨県にある「西山温泉慶雲館(けいうんかん)」だ。

その創業は、飛鳥時代にさかのぼる慶雲2年(西暦705年)。さらに、世界で2番目、3番目に古いホテルも日本の温泉旅館で、それぞれ兵庫県城崎温泉の「古まん」(717年創業)と、石川県粟津温泉の「法師」(718年創業)だ。

ホテルだけではない。日本には世界最古クラスの老舗企業がたくさんある。

神社仏閣を建設する大阪の建設会社「金剛組」は、飛鳥時代の578年に創業された世界最古の企業で、2006年に建設会社の子会社となるまで一貫して同族経営を続けた。同社は、現在まで実に1400年以上も事業を継承している。

長子相続制の伝統

日本の老舗「千年企業」はまだまだある。京都の「田中伊雅仏具店」は885年頃に始まって以来、仏具製造業を続けている。愛知県一宮市の「中村社寺」は神社仏閣を建設する会社で、その歴史は970年までさかのぼる。京都の「一文字屋和輔(わすけ)」は日本最古の和菓子店で、平安時代の1000年に創業された。

表層的に見れば、日本のように長い歴史を持ち、独自の経済を発展させてきた国であれば、長年続く老舗企業が多く残っているのは驚くことではない。こうした老舗企業の多くは、いずれも地元に根差した同族経営の酒蔵や旅館だ。8世紀頃に人が行き交う街道沿いで、商売が始まったのだろう。

日本は、明治維新後の1870年代に西欧諸国以外では初めて工業化への道を歩み始めた。だがその前から、農業経済は十分に発展しており、「都市に住む人々はかなり洗練されていた」と話すのは、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所のヒュー・パトリック所長だ。都市部に暮らす人々によって、強固な消費市場が形成されていた。

とは言え、それで説明がつくのは、老舗企業がかつてどのように創業したかという経緯だけ。その企業が今日まで経営を続けてこられた理由は、必ずしも見えてこない。その要因の一つとして日本の長子相続制(長男が家の財産のすべてを相続するしくみ)を挙げるのは、コロンビア大学のデービッド・ワインスタイン教授(日本経済)だ。かつて日本の企業の多くは、経営者一族の主に長男が継承していた。

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!