最新記事

シリーズ日本再発見

ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

2019年10月16日(水)11時00分
高野智宏

「必須要件としていませんが、英語、フランス語、スペイン語など、さまざまな言語の語学力をお持ちの方々に参加いただいています」と言うのは、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の広報担当、岡田勇人さんだ。

「総数は12会場合計で約1万3000人。10代〜80代の幅広い年齢層で、性別もバランスよく採用させていただきました。また、応募要件は日本語でのコミュニケーションが可能な方で、日本人とはしていません。そのため、海外の方にも250人ほど参加いただいています」

なるほど、ボランティアの活動は外国人のサポートに限らない。もし英語力を必須としていたら、1万3000人もの人に参加してもらうのは不可能だったに違いない。また、「各会場のインフォメーションや各国メディアの対応には、多言語対応スタッフを重点的に配置しています」(岡田さん)と、適材適所の配置は怠りないようだ。

そうして迎えたW杯の開幕だが、早々にSNSなどで大きな話題となったのが、会場への飲食物持ち込み禁止問題だった。9月21日、開幕戦の日本対ロシアが行われた東京都調布市の東京スタジアム(味の素スタジアム)では、試合開始1時間前には早くも大半の飲食ブースでフード類が売り切れ、長蛇の列から怒号が飛び交っていたという。

しかし、そんなトラブルに組織委員会は迅速に対応。個人が消費できる量に限り食べ物の持ち込みを解禁し、飲み物に関してもビンや缶はグラウンドへの投げ込みの危険もあるため引き続き持ち込みは禁止だが、水筒は容認と方針を転換。23日には実施され、以降は目立った問題も起きていない。

地元の名産やインバウンド向けメニューで、好評を得た釜石

実際、9月25日にフィジー対ウルグアイ戦が行われた釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)でも、問題は発生しなかったようだ。「スタジアムの観客やファンゾーンでも、そうしたことはありませんでした」と、岩手県文化スポーツ部の主任で、ラグビーワールドカップ2019推進室の湯田和也さんは言う。

このスタジアムでは、とりわけ満足度が高かったかもしれない。テントやキッチンカーなど、実に42もの飲食ブースが出店。地元の飲食店や団体から岩手を中心とする東北の名産品や名物料理などが販売された。なかには、出場国から訪れる外国人客を意識したメニューも考案され、発売されたという。

「インバウンド向けメニューとしてフィッシュアンドチップスを。出場国のウルグアイを意識した南米の肉料理、シュラスコも人気でした。また、ファンゾーンでは岩手産のお米を使ってフィジーのライムライスおむすびと、ウルグアイ産のキャビアを具にしたおむすび各100個をふるまい、大好評でした」(湯田さん)

japan191016rugby-2.jpg

釜石鵜住居復興スタジアムのファンゾーン 提供:岩手県文化スポーツ部ラグビーワールドカップ2019推進室

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 5

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増…

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送…

  • 9

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 10

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 7

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!