最新記事

シリーズ日本再発見

日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち

2019年08月20日(火)11時00分
高野智宏
日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち

iStock.

<ないほうが便利だから、あるいは、ないほうが健康的だから――。日本では近頃、さまざまな分野に「○○レス」が広がっているように思える>

近頃、「○○レス」という言葉を多く耳にする。レス(less)とは本来、「より少なく」を意味する形容詞だが、例えばコード(線)などの名詞と接続すると「コードレス(無線)」となり、それはコードレス電話機のように、本来あるはずのものがないモノやコトに対して使われることが多い。

意識せずとも、テレビやネットを流し見していれば、「キャッシュレス社会が本格的に到来!」や「いま女子に人気なのは、ジェンダーレス男子!」、または「半数以上がセックスレス夫婦という衝撃!」など、「○○レス」をキーワードとしたニュースや記事が目に飛び込んで来る。

「テレビレス」も出てきた家電「レス化」トレンド

なかでも、最も「レス化」が進んでいるのがAV・家電業界ではないだろうか。例えば、1980年代後半より普及し始めた先のコードレス電話機を筆頭に、コードレスアイロン、コードレス掃除機と、技術革新により「本来あるはずのコード」がなくなった家電製品は枚挙にいとまがない。

AV製品では近年、国内外のメーカーからイヤホンやヘッドホンを「レス化」したワイヤレスモデルが数多く登場している。スピーカーにも、鮮やかなカラーやユニークなフォルムをまとうデザイン性の高いモバイルスピーカーがラインアップ。アウトドアブームの今、大変な人気だ。

これらは「ないほうがユーザーにとって便利だから」というケースだが、AV・家電業界には驚くような「レス化」トレンドも訪れつつある。

「当店で顕著になっているのが『テレビレス』です。本当にごく最近の傾向なのですが、プロジェクターの性能が向上し、価格も下がってきたことから、テレビではなくプロジェクターを選ばれるお客様が増えているのです」と、ライフスタイルに沿った家電製品の提案に定評のある、二子玉川 蔦屋家電の「住」コンシュルジュ、遠藤哲也さんは言う。

遠藤さんによれば、その理由は「ニュースなどはスマホやPCで確認できるし、テレビでも結局観るのはNetfilixやHuluといった動画配信サービスが大半。また、テレビ番組も各局がネットでドラマなど人気番組の見逃し配信をしているため、テレビに時間を縛られる必要がなくなったから」なのだとか。

確かに、筆者の周りにも「オンタイムで観る必要がない」と数年前からテレビレスな生活を続ける人、引っ越しを機にテレビを手放したという知人もいる。

近年のプロジェクターは、10万円前後のエントリー機でも輝度やコントラスト比が高く、リビングなどの明るい空間でも投影された映像は実にきれいだ。プロジェクターの弱点であった音の悪さも、10万円ほどで最新の5.1chスピーカーシステムが手に入る。一般的に発売されているテレビは最大85型で価格は60万円以上。それに比べ合計20万円でホームシアターを構築できるとなれば、もはや「テレビレス」で十分かもしれない。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!