最新記事

シリーズ日本再発見

日本の小中学生も夢中のTikTokは、他のSNSより危ないのか?

2018年12月22日(土)11時25分
森田優介(本誌記者)
日本の小中学生も夢中のTikTokは、他のSNSより危ないのか?

ferrantraite-iStock.

<日本ではこれまで数々のSNSが登場し、そのたびに問題も浮上してきた。いま10代の間で人気が上昇しているのは動画アプリ「TikTok」。個人情報が流出する、出会い系やいじめの温床になる――。そんな声もあるが、実際はどうなのか>



※12月25日号(12月18日発売)は「中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃」特集。あなたの知らない急成長動画SNS「TikTok(ティックトック)」の仕組み・経済圏・危険性。なぜ中国から世界に広がったのか。なぜ10代・20代はハマるのか。中国、日本、タイ、アメリカでの取材から、その「衝撃」を解き明かす――。
(この記事は本誌「TikTokの衝撃」特集の1記事の拡大版です)

内閣府によれば、日本の小学生のスマートフォン所有率は27%。中学生になると半数以上がスマホを持っている。当然、SNSが絡むトラブルは頻発する。

「少し前まではLINEが多かったが、今はTikTokを挙げる教師が多い」と、静岡大学の塩田真吾准教授は言う。「この半年で急増した」

2016年9月に中国でサービスを開始し、世界中でユーザー数を爆発的に伸ばしてきたショートムービーアプリのTikTok(ティックトック)だが、人気の高まりとともに問題視する声も強まっている。2017年10月にローンチされた日本でも例外ではない。

どの国でも共通しているが、最も懸念されているのは子供がトラブルに巻き込まれることだ。他の主要SNSに比べ、10代のユーザーが圧倒的に多い。

インターネットの利用に際して身に付けるべき「情報モラル」の教育を専門とする塩田によれば、TikTokが絡む子供の問題は5つに分類できる。

1つは使い過ぎてしまう「依存」の問題。2つ目は著作権に違反した動画を投稿してしまう問題だが、これは運営会社のバイトダンスが音楽会社と包括契約を結んでおり、ユーチューブなどと比べると可能性はさほど高くない。そして3つ目は、動画をアップすることで自らの個人情報を公表してしまうことだ。

これはTikTok固有の問題ではないが、動画が15秒と短く簡単で、周囲にも投稿している人が多いため投稿の心理的なハードルが低いこと、撮影した場所や着ている制服から個人情報を特定されやすいことを、多くの専門家が指摘している。

「ただし、個人情報の問題は重要ではあるが、薄れてきていると考えている」と、塩田は言う。SNSに顔を出すことは大人にとっても珍しくなくなりつつあるからだ。それもあって「顔を出すと危ないよ、ストーカーに遭うよと言っても、子供たちには響かない」。

残る2つの問題は、コメント欄とメッセージ機能に関わるものだ。

顔出し投稿だから「悪い大人が狙う可能性が高い」

ツイッターなどでもよく指摘される問題だが、子供が性被害に遭うきっかけとなる危険性がある。しかも他のSNSと違い、ほとんどのユーザーが顔を出して投稿しているのがTikTokだ。

「自由にやり取りできる環境が放置されていて、完全に顔が出ていて少女であることも分かるので、悪い大人が狙う可能性が高い」と、ITジャーナリストの高橋暁子は警鐘を鳴らす。

利用規約に「13歳以上」とあるものの、TikTokには現に小学生のユーザーが多く見られる。高橋によれば、日本でのフォロワー数1位である野々山ひなたちゃん(12歳)に憧れ、同じようにTikTokで有名になってテレビに出たいと考える「小学生女児が一気に増えた」のだという。

そしてその中には、「明らかに親が見ていないだろうという投稿もある。部屋の隅で撮っていたり、子供らしい文章で(コメント欄に)書いていたり、直接やり取りをしている」。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 9

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!