最新記事

シリーズ日本再発見

食文化史研究家が語る、未だ知られざる和食の利点

2017年10月23日(月)12時06分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
食文化史研究家が語る、未だ知られざる和食の利点

DavorLovincic-iStock.

<『昭和のシンプル食生活』を上梓した食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)。健康と長寿をもたらす和食について、話を聞いた>

永山久夫氏は、現在85歳。和食を知り尽くし、「昭和の食生活」を自ら実践してきた専門家だ。福島県に生まれ、漫画家を目指して上京、結婚。一児を授かるが、妻に先立たれてしまう。以来、貧乏暮らしをしながら仕事と子育てを続けた永山氏は、40代も半ばになってから食文化史研究家として活躍するようになった。

このたび、貧しかった時代を支えた「食の知恵」を初公開し、『ひと月1万円!体にやさしい 昭和のシンプル食生活』(CCCメディアハウス)にまとめた永山氏。キャベツや納豆、甘酒、高野豆腐といった10の食材と、「体とお財布にやさしい」という121の実用的なレシピを紹介し、話題を呼んでいる。

和食は体にいい。だがそれだけなく、世界から注目を集める日本の"ソフトパワー"でもある。和食の可能性や「食の知恵」について、永山氏に聞いた。

――2013年には和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録され、いま世界中で和食人気が高まっている。

和食が世界無形文化遺産に指定されたことは、和食にとって素晴らしいことでした。これによって世界の和食ブームは、次のステップに進み、さらに評価が高まるでしょう。和食はおいしくて美しい、という満足の領域を越えて、長寿食でもあるという認識が高まっていくのはまちがいありません。

和食を食べている日本人は、世界でもトップクラスの長寿民族ですから、健康と長寿をもたらしてくれる食べ物として、ますます人気が高まるはずです。会席料理的な楽しみ方も見直されるでしょう。美味なる料理を楽しみ、最後にご飯と汁でシメる、という糖質制限にも役立つ食べ方。糖尿病の予防にもなります。

世界中の人が和食のよさを知ってくれた時、和食の第二期の黄金時代となり、「日本の時代」が訪れると信じています。ただ、そのためには正しい和食の普及が大事ですから、政府をはじめ私たち民間人が地道なPRを続けることです。

――翻って日本人の食生活についてはどうか。現代の日本人は、長寿食である和食という文化遺産を生かせているだろうか。

現代人の食生活の問題点に、糖質や脂質のとり過ぎ、そして肥満があります。日本人の平均寿命が延び悩んでいるのは、不健康な食べ方によって"健康ロス"を引き起こしている人が増えているからです。

テレビや週刊誌は日常的に健康をテーマにしています。関心が高まっているのです。しかし、「明日の健康」を保証してくれるのは「今日の食」であり、人の体はその人が食べたものによってできていることを知ってもらいたい。

自分の健康は自分でしかつくれません。昔は生きることが大変で、食事といえばお腹を一杯にすることでしたが、今は豊かで便利になりました。ですから、もう少し毎日の食に注意をはらい、体にいいもの、いい食べ方をして欲しいと思います。もう一度、和食の素晴らしさに気づいてください。

――著書では、単なる和食ではなく、その中でも特に「昭和の食生活」を薦めているが、それはなぜか。

ひと言で「和食」といっても、1960~70年代、日本人が家庭で食べていた食事が理想的だと思います。渥美清主演の映画『男はつらいよ』がシリーズで上演されていた時代の「昭和の食」が、栄養バランスがしっかりとれていました。ちなみに、第1作が公開されたのは昭和44(1969)年です。

この時代の昭和は、昔からのよき日本食の伝統が守られ、そこへ肉料理や乳製品文化が加わり、動物性タンパク質もとれていた時代でした。魚や野菜、海草の消費量も今より多く、理想的な食事だったのです。日本人が食べてきた野菜・魚介類と、洋風の肉類・乳製品がほどよく混ざり合った食事でした。

たとえば、きんぴらゴボウ、カボチャの煮物、焼き魚、豚肉と野菜一杯の豚汁、粕漬けの漬物など。そして、隣近所でおかずの分け合いがあり、貧困も苦にならない希望があり、心のゆとりと、助け合いのやさしさがあった時代でした。

【参考記事】甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!