最新記事

シリーズ日本再発見

「復活」ソニーが作ったロボットおもちゃ「toio」とは何か

2017年07月24日(月)12時02分
廣川淳哉
「復活」ソニーが作ったロボットおもちゃ「toio」とは何か

Photo:廣川淳哉

<好調が伝えられるソニーが発表し、瞬く間に初回限定400セットが完売した謎のデジタル玩具「toio(トイオ)」。出発点は「ソニーらしいものを作ろう」だった>

6月1日から6月4日まで開催された「東京おもちゃショー2017」開幕の数日前、ソニーがYouTubeに動画をアップした。そこに映し出されていたのは、しゃくとり虫のように動く物体。新しい玩具「toio(トイオ)」だ。

まずはともかく、下の動画を見てほしい。

これが、ソニーが今年12月1日に発売するtoio。チロルチョコほどの大きさのキューブ型ロボット(「toioコア キューブ」)を2つ使って遊ぶデジタル玩具だ。しかし、なぜソニーが今、玩具を発売するのだろうか。

日本メーカーの凋落がいわれて久しい。ソニーも例外ではなかった。ところが、最近は株価が堅調で、今年に入ってからは「ソニー復活」も盛んに報じられるようになっている。もはや「家電メーカー」とは呼べなくなったソニーだが、この小さなデジタル玩具も、そんな新生ソニーを象徴する製品の1つ......なのだろうか。

また、世間ではロボットやAI(人工知能)に対する関心が高まっており、小学校でも2020年度からプログラミング教育が必修となることが決まっているが、そんなニーズをくみ取って企画・開発された製品......なのだろうか。

toioとは、いったい何なのか? そこで、開発リーダーを訪ねてみると、出発点は意外にも「ソニーらしいものを作ろう」だったという。

toioは遊びのためのプラットフォーム

toioの主なターゲットは小中学生。ゲームでいうハード機のような役割を果たすtoioの基本セットには、toioコア キューブ2つのほかに、toioコア キューブの充電やカートリッジ(ゲームソフト)を挿入するためのコンソール、リング形状をしたコントローラー2つがセットになっている。

japan170724-1.jpg

奥の楕円形がコンソールで、両脇の丸いのがコントローラー。市場推定価格2万円前後(消費税別)

japan170724-2.jpg

モーターやセンサーなどを搭載した「toioコア キューブ」。上にレゴブロックを取り付けることができる Photo:廣川淳哉

「新しいおもちゃというよりも、おもちゃの楽しさを盛り上げるようなプラットフォームを作りました」と話すのは、toioプロジェクト開発リーダーであるソニーの田中章愛さん。

「子供向けという意味では、ソニーにはプログラミングを学べるMESHという商品がありますが、MESHはより教材としての意義が大きいもの。toioにも学びの要素はありますが、あくまでも遊びのためのプラットフォーム。遊びも学びのうちというスタンスです」

【参考記事】プロの技術者も利用する電子DIYキット

japan170724-3.jpg

toioの開発リーダー、ソニーの田中章愛さん Photo:廣川淳哉

toioの主要開発メンバーは、リーダーの田中さんを含め3人いる。コンセプト開発を行ったのは、グループ企業であるソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)に所属し、インタラクションの研究を行っているアンドレ・アレクシーさん。

ソニーで長らくロボット研究を続けてきた田中さんとCSLのアレクシーさんが5年ほど前に出会い、「ソニーらしいものを作ろう」と雑談を始めたのが出発点となった。

「私がやっていたロボットのハードウエア技術と、彼がやっていたソフトウエアやエンターテインメント、ゲーム研究など、ソニーの資産や技術を使って、何かできないかと話したのがきっかけ。要素技術研究をやりながらも、商品を作りたいという思いがありました。ロボットを使った新しいエンターテインメントを作ろうと決まったのが、5年前くらい。『こういうものがあったらおもしろい』というアイデアを"放課後活動"でカタチにしました」と、田中さんは語る。

【参考記事】映画「カーズ」をリアルに再現するスフィロ社の LIGHTNING McQUEEN

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!