コラム

カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

2018年02月07日(水)19時55分

morimoto180207-4.jpg

Photograph by Toru Morimoto

プッチダモン本人は、盗み見されたメッセージが自ら発信したものであるかについて、否定はしていない。信任投票延期の理由は、彼が州首相就任を断念したからとも考えられる。

ところが、報道後に更新された彼のツイートでは、プライバシー侵害を非難し、「私は人間であり、私にも疑ってしまうときもある。しかし同時に、私は首相であり、(私を選んだ市民と国への)尊敬と感謝、そして市民と国と交わした約束のために、小さくなることも後退することもしない。立ち止まらずに進もう! 」と述べている。

群衆が政治家に頼らずに事態を打開しようと...

結局のところ、プッチダモンが率いる独立国家「カタルーニャ共和国」はこのまま終焉を迎えるのか。

信任投票延期の4日後、ERCの議員が、プッチダモンを首相とするブリュッセルの「象徴的政府」と、プッチダモンの代理首相の率いるカタルーニャの「実務的政府」の2つの政府を樹立する案を、プッチダモンに提案するためにブリュッセルに飛んだ。

一方、信任投票の過半数確保のために議員辞職した、プッチダモンが率いる政党「カタルーニャのための団結(ジュンツ・パル・カタルーニャ)」の亡命中の元議員は、「スペインに免許をもらった政府」を樹立するくらいなら再選挙するべきだと、ERCの案とは噛み合わない主張をしている。

選挙結果を認めないスペイン政府、選挙で過半数を獲得しながら未だに州首相を選出できないカタルーニャの政治家たち――政治的混迷を悪化させるばかりの両者に対して、独立運動を支持する市民の我慢は限界に達しかけている。

これまで独立派デモは、2つの市民グループ(両グループのリーダーは投獄中)が、完全に群衆をコントロールしてきた。

しかし、信任投票日のデモでは、デモを主催した市民グループがデモ終了と解散を訴えたが、それでは収まらなかった。行き場のないフラストレーションが募った群衆の一部が、もう1つの新興市民グループの「州議事堂へ!」の声に応えて、州警察によって封鎖されている州議事堂前の公園へ強行侵入し、州警察と小競り合いを起こした。

私は2004年にバルセロナに拠点を移して以来、カタルーニャ独立派のデモを多く取材してきたが、群衆がデモ開催者の「解散命令」に従わなかったのは今回が初めてだ。ここへ来て、潮目が変わったように思える。政治家に頼らず、ストリートの市民の行動で事態を打開しようとする動きが生まれつつある。

スペイン側、カタルーニャ側双方の政治家たちは、昨年10月の独立を問う住民投票の際、スペイン警察の妨害に屈せず投票所に並んだ市民たちを侮らないほうがいいだろう。民主主義を掲げる国家では、最終的には政府が民に従うことになるのだから。

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!