コラム

カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

2018年02月07日(水)19時55分

morimoto180207-4.jpg

Photograph by Toru Morimoto

プッチダモン本人は、盗み見されたメッセージが自ら発信したものであるかについて、否定はしていない。信任投票延期の理由は、彼が州首相就任を断念したからとも考えられる。

ところが、報道後に更新された彼のツイートでは、プライバシー侵害を非難し、「私は人間であり、私にも疑ってしまうときもある。しかし同時に、私は首相であり、(私を選んだ市民と国への)尊敬と感謝、そして市民と国と交わした約束のために、小さくなることも後退することもしない。立ち止まらずに進もう! 」と述べている。

群衆が政治家に頼らずに事態を打開しようと...

結局のところ、プッチダモンが率いる独立国家「カタルーニャ共和国」はこのまま終焉を迎えるのか。

信任投票延期の4日後、ERCの議員が、プッチダモンを首相とするブリュッセルの「象徴的政府」と、プッチダモンの代理首相の率いるカタルーニャの「実務的政府」の2つの政府を樹立する案を、プッチダモンに提案するためにブリュッセルに飛んだ。

一方、信任投票の過半数確保のために議員辞職した、プッチダモンが率いる政党「カタルーニャのための団結(ジュンツ・パル・カタルーニャ)」の亡命中の元議員は、「スペインに免許をもらった政府」を樹立するくらいなら再選挙するべきだと、ERCの案とは噛み合わない主張をしている。

選挙結果を認めないスペイン政府、選挙で過半数を獲得しながら未だに州首相を選出できないカタルーニャの政治家たち――政治的混迷を悪化させるばかりの両者に対して、独立運動を支持する市民の我慢は限界に達しかけている。

これまで独立派デモは、2つの市民グループ(両グループのリーダーは投獄中)が、完全に群衆をコントロールしてきた。

しかし、信任投票日のデモでは、デモを主催した市民グループがデモ終了と解散を訴えたが、それでは収まらなかった。行き場のないフラストレーションが募った群衆の一部が、もう1つの新興市民グループの「州議事堂へ!」の声に応えて、州警察によって封鎖されている州議事堂前の公園へ強行侵入し、州警察と小競り合いを起こした。

私は2004年にバルセロナに拠点を移して以来、カタルーニャ独立派のデモを多く取材してきたが、群衆がデモ開催者の「解散命令」に従わなかったのは今回が初めてだ。ここへ来て、潮目が変わったように思える。政治家に頼らず、ストリートの市民の行動で事態を打開しようとする動きが生まれつつある。

スペイン側、カタルーニャ側双方の政治家たちは、昨年10月の独立を問う住民投票の際、スペイン警察の妨害に屈せず投票所に並んだ市民たちを侮らないほうがいいだろう。民主主義を掲げる国家では、最終的には政府が民に従うことになるのだから。

【お知らせ】
ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ワールド

米大統領「北朝鮮で完全な非核化開始」、当局者は確認

ワールド

日本、韓国をWTO提訴 ステンレス関税巡り

ワールド

障壁設ける貿易相手国、一段と苦痛味わう環境必要=米

ビジネス

ドル、11カ月ぶり高値から下落 ポンドは中銀会合受

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 7

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 8

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!