コラム

カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

2018年02月07日(水)19時55分

morimoto180207-3.jpg

Photograph by Toru Morimoto

そんな中、独立宣言を朗読して拘束され、翌日に釈放された当時のカタルーニャ州議会議長は「自由に発言ができる人が議長になるべきだ」として、議長再任を拒否したことから、現議長トゥレンが選出された。出頭命令がなく、釈放中でもない彼は、「自由な発言ができる」からだ。

今回トゥレンは、「信任投票を延期するが、中止ではなく、プッチダモンが首相候補であることに違いはない」「カタルーニャの議会で選出された人がカタルーニャの首相になるのであって、600キロ離れた(マドリードの)法廷が決めるのではない」と38歳の若い議員らしい歯に衣着せぬ発言で、中央政府を果敢に牽制した。

「帰国ミッション」に失敗したのが理由?

とはいえ、多くのカタルーニャ議員が、スペイン政府の法的圧力に萎縮していることは間違いない。

トゥレンが所属するカタルーニャ共和主義左翼(ERC)の党首で、元カタルーニャ政府副首相ウリオル・ジュンケラスは、独立宣言以来投獄されたままだ。ERCのナンバー2で、2月19日に法廷への出頭を命じられているマルタ・ルビラは「州首相就任は、これ以上逮捕者が出ず、就任の有効性が保証される(10月の独立宣言のように即時取り消しにならない)という条件下で行われるべきだ」と、信任投票延期後にコメントしている。

しかし、トゥレンや議員らが逮捕を恐れたことだけが、延期の本当の理由だとは考えづらい。なぜなら、プッチダモンが首相候補である限り、スペイン中央政府が、ルビラの言う「保証」を与えるはずがないのは自明のことだからだ。延期決定を信任投票当日の朝まで待つ必要もなかった。

信任投票延期の本当の理由は、プッチダモンが「帰国ミッション」に失敗したからではないかと私は考えている。スペイン警察の目をかいくぐり、彼がカタルーニャに戻っていれば、おそらく就任投票は強行されていただろう。

プッチダモンは、国外のどこかで行く手を阻まれたのか、カタルーニャには入ったものの議事堂まで辿りつかなかったのか。それとも「亡命先」ブリュッセルに足止めされて全く動けなかったのか。それは計り知れない。

しかし、30日の朝までに議会への出席をトゥレンに確約できなければ、信任投票を延期するという密約が 2人の間で結ばれていたのではないかと、私は推測している。

独立派が肩を落としていたその夜、「事件」が起きた。

スペインの民放テレビが、「亡命中」の元閣僚アントニ・クミンにプッチダモンが送ったメッセージをスクープした。プッチダモンはその中で、信任投票の延期によって自分の首相就任が事実上なくなったと述べて、「モンクロア(スペイン首相官邸)の勝利」「カタルーニャ共和国の最後の日々」と綴っていた。

ベルギーのある会議に出ていたクミンが、プッチダモンからのメッセージが表示されているスマートフォンを、上向きにしたままテーブルの上に置きっぱなしにしていたところ、プッチダモンをこき下ろすことで知られるスペインの民放番組のカメラマンが、後ろの席に潜んでいて盗撮したものだという。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!