コラム

カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

2018年02月07日(水)19時55分
カタルーニャ州首相の信任投票が延期された本当の理由

予定されていたプッチダモン信任投票が延期されたにもかかわらず、プッチダモンのお面を被って、州議会近くでデモの参加する独立派市民 Photograph by Toru Morimoto

<「亡命中」の独立派プッチダモンの首相就任が掛かった信任投票が、当日、突然延期された。緊迫状態が続くカタルーニャだが、市民たちの側には思わぬ変化も見え始めている>

「民は政府に従わない。政府が民に従うのだ」

元カタルーニャ州首相カルラス・プッチダモンの首相就任の信任投票が延期された1月30日、独立賛成派の人々がプッチダモンのお面を被り、州議会議事堂に詰めかけた。

独立派が過半数を占めた昨年12月の選挙結果を受け入れるよう、スペイン中央政府に対して要求したが、群衆はカタルーニャ州警察によって解散させられた。10月には独立を問う住民投票の遂行を助けた州警察だが、自治権を失った今は、中央政府直轄になってしまった。

信任投票が予定されていた日の朝は、携帯電話に届いた「カタルーニャ議会議長ルジェー・トゥレン、信任投票を延期する」という速報で飛び起きた。まさに寝耳に水だ。

前回のブログで述べたように、ひょっとして「亡命中」のプッチダモンが、自身の信任投票のために州議事堂に現れるのではないかと期待が高まっていた。私は「何が起こるか分からない」と書いたが、「延期」はまさに想定外だった。

プッチダモン当選のためのお膳立ては整っていた。スペイン憲法裁判所に代理人投票が禁じられたプッチダモン以外の「亡命中」の4議員中3議員は辞職して、同党所属の別議員に議席を譲った。投票さえ行われれば、プッチダモンが過半数68票を確保して州首相に選出されるはずだった。

言論の自由を奪われた議員たち

なぜ信任投票が延期されたのか。実に不可解なことだらけだ。トゥレン議長がスペイン中央政府の脅迫に屈したのだろうか。

投票を取り仕切る彼に対して、スペイン中央政府の与党・国民党は「トゥレンには2人の子供がいる。(信任投票が行われると)どうなるか分かるだろう」と公に発言していた。そばにいて面倒を見るべき子供がいるにもかかわらず逮捕・拘留されてもよいのか、と脅したのだ。

確かに、信任投票が強行されていたら、カタルーニャ州政府は再び強制的に解体され、トゥレンをはじめ、多くの議員が逮捕されていただろう。

実際に、10月の独立宣言時には「反逆罪」や「煽動罪」などで8人の議員が逮捕された前例があり、身柄を拘束されるよりは議員辞職を選んだ人もいる。逮捕後に釈放された元閣僚2人は「個人的理由」として議員辞職し、獄中の元閣僚も釈放を早めるため、拘留中に議員を辞職した。

また、釈放後も議員を続けている人たちは、パスポートを没収されスペインから出国できず、定期的に法廷に出頭する必要がある。その中の1人であるジュセップ・ルイ議員は、いつ再逮捕されるか分からないプレッシャーの中では「言えることと、言えないことがある」と、言論の自由がないままの政治活動を強いられていることを、地元紙に告白している。

彼らはスペインの法律下で政治活動を行うことを条件に釈放されており、カタルーニャの一方的な独立宣言は法に触れる。現在も調査継続中のケースとされ、少しでも違法性が疑われる言動があれば刑務所に戻される。

morimoto180207-2.jpg

Photograph by Toru Morimoto

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

ニュース速報

ビジネス

アングル:トランプ氏、くるくる変わる「ドル発言」の

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 6

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 7

    「性の喜び」ピークは64歳、90歳でも現役! その理…

  • 8

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の…

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 7

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 10

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 8

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!