コラム

「カタルーニャ語が第一言語」と「独立賛成派」どちらが多いか

2017年12月01日(金)21時27分
「カタルーニャ語が第一言語」と「独立賛成派」どちらが多いか

カタルーニャ独立旗で自分の口を覆う青年。自治剥奪に伴い、スペイン政府が直轄するカタルーニャ州庁の前で、自治奪回と政治犯の釈放を求めるデモ(11月8日) Photograph by Toru Morimoto

<スペイン語よりフランス語に近いカタルーニャ固有の言語「カタルーニャ語」。カタルーニャ人のアイデンティティーの象徴だが、独立をめぐる議論では「ねじれ」が見られる>

カタルーニャには固有の言語「カタルーニャ語」がある。スペイン語の方言と思われがちだが、俗ラテン語から派生した南仏を拠点とするオック語圏の言語であり、イベリア半島を拠点としてアラビア語の影響を強く受けているイベロ・ロマンス語圏のスペイン語とは成り立ちが異なる。

スペイン語が第一言語の人々にとって、カタルーニャ語は厄介だ。例えば「食べる」はカタルーニャ語では「menjar(マンジャ)」、フランス語では「manger(モンジェ)」、イタリア語では「mangiare(マンジャーレ)」、スペイン語では「comer(コメール)」――スペイン語よりもフランス語やイタリア語に近く、ボキャブラリーだけではなく文法も違う。

カタルーニャ語は、被支配者であるカタルーニャ人にとっての誇りであり、アイデンティティーの象徴である。

カタルーニャ語は、13世紀から15世紀にかけて黄金時代を迎え、遠くはシチリアでも公用語だったが、1701~14年のスペイン継承戦争でバルセロナがスペイン勢力によって陥落すると、公的機関でのカタルーニャ語の使用は禁止された。

1939~75年のフランシスコ・フランコの独裁政権時には、カタルーニャ文化は徹底的に弾圧され、カタルーニャ語は公共の場で一切禁止。地名、ストリート名、個人名までもがスペイン語に変更させられた。

この暗黒時代には、約140万人にも上る多数のスペイン人がカタルーニャへと移住し、言語状況を大きく変え、カタルーニャの歴史上初めてスペイン語の話者がカタルーニャ語の話者を上回った。彼らは「もうひとつのカタルーニャ人」と呼ばれ、1970年にはカタルーニャ総人口510万の40%を占めていた。

流入した「もうひとつのカタルーニャ人」は、地元社会に溶け込む必要性は低く、言語間の壁もあり、現在でもなお――会話も触れるメディアも――スペイン語だけを使用した生活を営み、独立反対派が多数を占めると言われる。

ただ、フランコ独裁政権の崩壊によりスペインに民主主義がもたされ、1980年代以降はほとんどの学校でカタルーニャ語で授業が行われるようになっている。ここ40年に教育を受けた「もうひとつのカタルーニャ人」の第2、第3世代は、カタルーニャ語を話すことはできるが、家庭内では両親とスペイン語を話し、おおむね独立に反対か中立だという。

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 2

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 3

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

  • 4

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!