コラム

荒唐無稽なエンタメ映画『太陽を盗んだ男』は今なら絶対に撮れない

2021年01月13日(水)11時50分
荒唐無稽なエンタメ映画『太陽を盗んだ男』は今なら絶対に撮れない

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<バスジャックして皇居に突撃する軍服姿の老人、盗んだプルトニウムで原爆を作る中学教師──。リアリティーをほとんど放棄し、エンタメに振り切っているが、荒唐無稽なだけの映画ではない>

大学を卒業した翌年だったと思う。いや待てよ。単位が足りなくて4年生を2回やったから、まだ大学に籍はあったかもしれない。

とにかくその時期、アパートの部屋にあった電話機が鳴った。かけてきたのは、大学で同じ映研に所属していた黒沢清だ。

この時期の黒沢は、長谷川和彦監督(ゴジさん)の新作の制作進行をやっていた。急な話なのだけど、と黒沢は切り出し、明日のロケに役者として参加できないか、と言った。

この時期の僕は、新劇の養成所に研究生として所属していた。つまり役者の卵。卵のまま孵化しなかった。相当にハイレベルな若気の至りだ。

思わず沈黙した僕に、ジュリーに間違われる役なんだ、と黒沢は言った。『青春の殺人者』で大きな話題になったゴジさんの新作で、しかもジュリーに間違われる役。断る選択などあり得ない。

翌日、集合場所である渋谷の東急デパートの屋上で、ゴジさんに挨拶した。緊張してて何を言われたか覚えていない。チーフ助監督の相米慎二が、とても優しかったことを覚えている。テレビで言えばADに当たる黒沢は、汗をかきながらスタッフとキャストの弁当を運んでいた。

それから数カ月後、初号試写に呼ばれた。初めての映画出演。でも僕が映り込んでいるカットは一瞬で終わった。アップも撮られたはずなのに、短い台詞(せりふ)とともにすべてカットされていた。

だからこのとき、映画を冷静に観ることはできなかった。その後に封切りを劇場で観たのだろうか。名画座かもしれない。その内容を一言にすれば荒唐無稽。特にラストの刑事(菅原文太)と主人公の中学教師(沢田研二)との闘いは、多くの人が言うようにリアリティーをほぼ放棄している。徹底したエンタメだ。

でも荒唐無稽なだけの映画ではない。実は周到に推敲された脚本だ。映画の冒頭で、中学教師が乗るバスをジャックして皇居に突撃する旧日本軍の軍服姿の老人が登場する。主人公と刑事の因縁の伏線となるエピソードだが、これに皇居や天皇を絡める必然性は全くない。どう考えても摩擦係数が高すぎるオープニングだ。でもゴジさんはこのエピソードにこだわった。

盗み出したプルトニウムで原爆を作った中学教師は、国家に対峙することを決意するが、テレビのプロ野球中継を試合終了まで見せろとかローリング・ストーンズを日本に呼べなどの要求しか思い付けない。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

ニュース速報

ワールド

原油先物2%安、中国都市封鎖など懸念 週間では3週

ワールド

コロナワクチン接種、海外渡航の条件にならず WHO

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

ビジネス

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!