Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.7. 7号(6/30発売)

特集:Black Lives Matter

2020年7月 7日号(6/30発売)

Cover Story

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人種差別 黒人社会の慟哭を聞け、今こそ変わる時だ
歴史 ブラック・パンサー敗北史からの教訓
手記 真の正義を手にするまで私は決して諦めない
視点 日本に伝わりにくいBLM運動の複雑さ
分析 運動の広がりを社会心理学で読み解く
フォトエッセー 抗議と嘆きと連帯の聖地と化した殺害現場

「封鎖なし」スウェーデンの悪夢

新型コロナ ソフト路線失敗の原因は感染拡大のはるか以前にあった
【Periscope】
THAILAND 「不敬罪」停止は手放しで歓迎できない
UNITED STATES NYは水際作戦で第2波に備える
CHINA 米中貿易交渉「終わった」発言の衝撃度
GO FIGURE 朝鮮戦争から70年、韓国人の微妙な本音
【Commentary】
米政治 ボルトン回顧録の傲慢さと破壊力──グレン・カール
欧州 ドイツが「新生欧州」の盟主になる時──河東哲夫
イスラム コロナで揺らぐ? 一夫多妻制──飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 愛国者の正体はご都合主義者──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 「トービン税」は取り扱い注意── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える コロナ危機でも初孫の顔は見たい
たかがジョーク、されどジョーク 国民に外出を控えさせるには?── 早坂隆
【World Affairs】
日本 山本太郎「当選可能性はゼロではない」
【Features】
大統領夫人 メラニアが叶えたアメリカンドリーム
ナイジェリア ビアフラ闘争、未だ終わらず
【Life/Style】
Books オールスター戦を輝かせた男
Movies 「ボス」と共に移民少年は走りだす
Media 大統領選とコロナ禍で怪しいサイトが横行中
Environment 降り積もるマイクロプラスチックの脅威
Games 子供のADHDにはテレビゲームが効く?
Trends ロックダウンで見つけたコロナを生き抜く知恵
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 石野シャハラン── コロナが駆逐する日本企業の悪習

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 3

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 4

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 9

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!