Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.12.10号(12/ 3発売)

特集:仮想通貨ウォーズ

2019年12月10日号(12/ 3発売)

Cover Story

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

金融 仮想通貨ウォーズの勝者はリブラか中国か
解説 バブル崩壊後の仮想通貨に起きていたこと
トレンド アプリは銀行を破滅させない

Commentary 新連載

関電事件と「原発経済圏」の闇  加谷珪一(経済評論家)
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える サンタを否定する私って理不尽?
習近平が変装して街に出たら 早坂 隆(ノンフィクション作家)
【Periscope】
TAIWAN 中国が台湾総統選に干渉?
MALAYSIA ISISが東南アジアを新たな拠点に狙う
UNITED STATES TikTok美容動画に忍ばせた中国批判
GO FIGURE カネで票は買える? 米選挙戦の「コスパ」
【Commentary】
米政治 優等生ブルームバーグに足りないもの
分析 復権した「社会主義」は機能するか
イスラム 『鬼滅の刃』が完全アウトの理由
Superpower Satire  共産党がなければ仏はない!?
【World Affairs】
ヨーロッパ 欧州難民危機の再来は近い
野党 韓国保守派の救世主も娘の不祥事が直撃
中国 ウイグル弾圧の意外過ぎる反対者
【Features】
都市 麻薬都市がスマートシティーに
【Life/Style】
Education セサミ50周年、子供番組はどこへ
Pets フリーズドライ技術で愛犬を永遠の姿に
Movies 『シャイニング』の続編がコケた訳
Drama 誤解される英王女を個性派の英女優が演じたら
Drama スター・ウォーズ関連ドラマの不安な船出
Music 生まれ変わったセリーヌ様に乾杯!
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ギャングへの救いなき福音の調べ
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye──西村カリン 美食の国より日本の給食はおいしい

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!