Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.11. 5号(10/29発売)

特集:山本太郎現象

2019年11月 5日号(10/29発売)

Cover Story

日本政界を席巻する異端児・山本とれいわ新選組は、ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か

日本政治 ニッポンを揺さぶる山本太郎とは何者か
インタビュー 「仁義なき戦いを仕掛ける」
視点 山本太郎=ポピュリスト?
お知らせ
今週号から誌面をリニューアルしました。①活字がひと回り大きくなります。②石戸諭(ノンフィクションライター)、大江千里(ジャズピアニスト)、加谷珪一(経済評論家)、久保田智子(ジャーナリスト)、早坂隆(ノンフィクション作家・ジョーク収集家)の各氏による新コラムがスタート。外国人リレーコラム『Tokyo Eye』も復活します。③世界情勢の解説コラムを拡充。中東、欧州、中国の各専門家に加え、世界的に著名な識者による分析・解説も。時事英語を学ぶコーナーも新設します。今後ともニューズウィーク日本版をよろしくお願いします。──編集長・長岡義博

Commentary 新連載

本格化する「終身雇用」の終焉 加谷珪一(経済評論家)
人生相談からアメリカが見える 「僕の考えた遊びに誰も乗ってくれない」
彼の「リーダー論」は口先だけ? 石戸 諭(ノンフィクションライター)
【PERISCOPE】
CHILE チリ暴動が照らすこの不安な世界
CANADA トゥルドー再選で「ウェグジット」?
HONG KONG 香港長官更迭でデモは止まるのか
GO FIGURE 「トランプに勝てる」バイデンが再びリード
【Commentary】
米大統領選 トランプの立候補取りやめはあるか
情報戦 中国があざ笑うスパイ天国ニッポン
アジア スリランカを襲う民主主義の危機
Superpower Satire  大統領弾劾の賛否が大逆転!
【World Affairs】
共産党 超監視国家・中国の真実
トルコ 思慮も展望もないエルドアンの戦争
戦略 脱・新幹線で勝ちに行け日本
【Features】
アフリカ 絶望の縮図の中に希望を探し求めて
【Life/Style】
Drinks 世界の個性豊かなクラフトビールを飲みに行こう
Movies 狂乱『CLIMAX』97分をどこまで耐えるべき?
Movies インドとハリウッドつなぐボリウッド女優の挑戦
Books 若者の危険行動は生存本能なのか
Books 米出版界を震撼させる楳図かずおの傑作ホラー
Music アメリカの素晴らしき多様性を称えて
【DEPARTMENTS】
Perspectives
In Focus
Picture Power
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye──石野シャハラン 日本人よ、自信を持って有休を取ろう!

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!