Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.10.29号(10/23発売)

特集:躍進のラグビー

2019年10月29日号(10/23発売)

Cover Story

日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

W杯 ラグビーの歴史的大転換
日本 ニッポン躍進の陰の立役者
フォトエッセー 黒衣軍団の変わらぬ誇り
視点 ラグビー場に旭日旗はいらない

文在寅の「逆襲のシナリオ」

韓国政治 曺国法相辞任の巻き返しを狙う文の反撃策の現実味
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 白馬にまたがる独裁者の次の一手
TURKEY 米トルコ「停戦」はトランプのマッチポンプ
CHINA 中国がデジタル人民元を発行する日
SPAIN 見せしめ判決でカタルーニャの怒り再燃
HUNGARY 同性愛支持の広告がハンガリーで論争に
RUSSIA ソ連流緩衝地帯をロシアが欧州に?
Asia
CHINA 腐敗と効率が同居する中国政治の混沌
News Gallery
JAPAN 世界が注目した台風19号に沈む街並み
PAKISTAN ダイアナ妃の再来? パキスタンが熱烈歓迎
Business
実証的手法で貧困と戦う経済学者たちの栄誉
【FEATURES & ANALYSIS】
米大統領選 ウォーレンの危険な焦土作戦
中東 イラン現政権転覆を狙う反体制派の闇
米社会 大麻よりやさしいいCBDという熱狂
BY THE NUMBERS  こんなに割高なアメリカの処方薬
【LIFE/STYLE】
Books じっくり本を楽しむ秋がやって来た
Health 赤肉好きが歓喜した健康情報は本当か
Movies 老若ウィル・スミス対決は空回り
Movies アルモドバル70歳の珠玉の物語
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire NBAを罵倒する中国人の本心(唐辛子)
Letters
People

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!