Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.7. 2号(6/25発売)

特集:残念なリベラルの処方箋

2019年7月 2日号(6/25発売)

Cover Story

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

日本政治 リベラルはなぜ衰退したのか
米政治 米民主党を救う意外な処方箋
報道 「嘘つき」メディアとトランプの2回戦
民主党 哀れなり、クリントン家は蚊帳の外

脇役へ追いやられた韓国

中朝会談 非核化交渉で金正恩にスルーされ、安倍にも会えない文在寅
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 「移民施設は強制収容所」の発言者
IRAN 米軍ドローン撃墜とイランの真の標的
UNITED STATES トランプの助言で名称変更?
UKRAINE ウクライナ新大統領を待つ難題
GO FIGURE 妊娠中のマリフアナと早産リスクの関係
PHILIPPINES 「勝利」に潜む麻薬戦争の暗い現実
JAPAN 大阪G20のここが見どころ
News Gallery
EGYPT モルシの死にトルコのムスリムが集結
HONG KONG 「暴力警察」に市民が抗議の卵
Business
フェイスブックが仮想通貨参入で描く野心
【FEATURES & ANALYSIS】
英政治 独走ジョンソンは首相の器なのか
イスラエル シリアの核施設を空爆で破壊せよ
難民 出口なきロヒンギャの悲劇
サイエンス トンデモ科学への対処法
BY THE NUMBERS  生命をつなぐDNAの神秘
【LIFE/STYLE】
Music ロックンロールは時空を超える
Movies アリスからSM嬢へ、女優の挑戦
Sports 女子サッカー選手の貧し過ぎる現状
Heritage ユネスコの「欧州びいき」という愚
Advertising 精子ドナー確保のあの手この手
Comics アメコミが描くドラゴンボールの「先」
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 中国軍艦の粉ミルク「密輸」事件(唐辛子)
Picture Power 時が止まったマラウィの絶望
Letters
People

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!