Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.6. 4号(5/28発売)

特集:百田尚樹現象

2019年6月 4日号(5/28発売)

Cover Story

『永遠の0』『海賊とよばれた男』『日本国紀』── 中韓を罵倒するベストセラー作家が支持を広げる理由

日本社会 日本を席巻する「百田尚樹現象」
インタビュー 「僕は右派と左派の真ん中」
【PERISCOPE】
InternationaList
UKRAINE お笑い出身大統領と議会に蜜月期間なし
BRITAIN 次の首相にもブレグジットの十字架が
NORTH KOREA 中国で性奴隷にされる北朝鮮女性
RUSSIA ISISの基地と化すアフガニスタン
GO FIGURE トランプ大統領の過剰なゴルフ熱
AUSTRIA やはり極右とロシアはつながっていた
RUSSIA 「自由かパンか」で歴史は動く
News Gallery
INDONESIA 大統領選は暴動まで前回を再現
Asia
INDIA モディ圧勝を許したインドメディアの罪
U.S.Affairs
「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策
中国監視カメラ企業も禁輸リスト入り?
トランプ政権の「お尋ね者」作戦
【FEATURES & ANALYSIS】
米中関係 ファーウェイ制裁に落とし穴あり
中国 貿易戦争の激化で米中合作ドラマも中止
中東 米イラン戦争を回避する知恵
BY THE NUMBERS  火山のエネルギーと神秘と恐怖
【LIFE/STYLE】
Food 驚きに満ちたグルメの街トーキョー
Science 幹細胞と3Dプリントで自分の骨を作る日
Tourism 次の旅行はチェルノブイリへ?
Musical ポッドキャストでロックオペラを
Games 世界一複雑なゲームはコレ!
Movies 人類史を書き換えるゴジラの世界へ
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 怪しげな漢方で中国の伝統復興?(唐辛子)
PicturePower 革命から40年イラン女性の変わる素顔
Letters
People

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!